当院が役員を務める蘇生会がNPO法人化に向けて動き出しました。

鶴見隆史鶴見クリニック院長を会長とする「蘇生会」が、いよいよNPO法人化に向けて動き出しました。
蘇生会は今まで会長の講演料は無し、役員は手弁当のボランティアで活動してきましたが、現在会員数350名を超え、任意団体としては活動し難くなってきたため、4月頃から設立準備委員会を設け、内閣府「特定非営利法人鶴見酵素栄養学協会」認証に向け議論を重ねてきました。

そして6月に内閣府へ届け出書類を提出、書き直し3回を経てこの度受理されました。
これで4か月の縦覧期間を経て認証となります。

なにせ専門家に頼まずに、私たち役員たちで知恵を出し合って書類を作りましたので、喜びもひとしおです。

これで日本の医療が変わっていきます。
是非ご期待ください!!

先日、主だった役員で衆議院会館を訪ね、
民主党の木内孝胤(きうち たかたね)代議士と面会してきました。

木内氏も代替医療には関心が深く、夫婦でいろいろなサプリメントを愛用しているそうです。
先生の本と講演会のDVD、広報誌を渡し、「活動に協力していきますので、何なりと申し付けください。」との言葉を頂きました。

帰りがけに、となりが長妻厚労大臣の部屋になっているので、木内氏の紹介で名刺と広報誌を、大臣は会議中でしたので秘書に渡してきました。

名称は「特定非営利活動法人鶴見酵素栄養学協会」

内閣府NPOホームページ申請団体一覧

団体名称 特定非営利活動法人鶴見酵素栄養学協会

申請内容 設立申請
受理日 2010/08/13
代表者名 鶴見 隆史
主たる事務所 千葉県香取郡多古町十余三369-99
従たる事務所 東京都世田谷区奥沢5-7-14-405

目的
医学がめざましい進歩を遂げていると言われているにもかかわらず、我が国のガン・心臓病など多くの生活習慣病罹患率やこれらによる死亡率は増加の一途を辿り、国民医療費が年々増大し国家予算を圧迫している。
この法人は、健康に不安を抱いている人々、病気に苦しむ人々、食の安全安心確保を願う人々等に対して、酵素栄養学等を活かした食生活改善に関する事業、自然の恵みを活かした種の選定と健全な土壌づくりから生まれる「本もの農産物」の確保に関する事業等を行い、ガン、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、肥満等多くの生活習慣病を未然に予防し或いは自然治癒力を向上させ、罹患率(有病率)の減少と国民医療費の軽減に寄与することを目的とする。

by e-kassei | 2010-08-14 22:02 | 健康を考える