ルテイン・フレッシュIがさらにレベルアップ

d0037863_09090048.png
9月より「ルテイン・フレッシュ」の内容成分が変わりました。
しかも価格はそのまま。さらに目に良いサプリメントになりました。

目に不安をお持ちの方が多いのでしょうか、「ルテイン・フレッシュ」の評判が良いようです。
他にもルテインのサプリメントはありますが、他社と違うところは、目に良いとされる成分がいろいろと配合されているところです。
その「ルテイン・フレッシュ
」を、より目に働きやすいよう、以下のように内容成分を変えました。

1 イチョウ葉抽出物60mgの内、イチョウ葉抽出物を30mgにし、その代わりにブルーベリー葉エキスを30mg入れました。

 よく知られているブルーベリーの、実ではなく葉の方です。
 ブルーベリーの実にはアントシアニン(
ポリフェノールの一種)が多く含まれ、目に良いことで知られていますが、
 宮崎大学と宮崎県の共同研究によつて、ブルーベリーの葉は実より
10倍も多くポリフェノールが含まれていることが判ってきました。
 そこで、
品種改良を重ね、より多くのポリフェノールが含まれる品種を作りました。(くにさと35号

2 DHAを5mg増やして34mgとしました。

 しかも、一般のサプリメント用DHAではなく、薬用にも使われる精製された純度の高いDHAを使用しました。
 DHAは黄斑
中心部に作用しますので、より目に働くサプリメントになります。

最近になって、スマートフォンやパソコンから発するブルーライト(青色光)が、目に悪影響を及ぼすことが言われるようになって来ました。
ブルーライトは紫外線に近い光で、エネルギーが強く目の奥にまで入り込み、網膜を損傷する恐れがあるとのことです。

ことに、最近のテレビで、スマートフォンのブルーライトはパソコンよりも数倍強い、との報道がありました。スマートフォンはパソコンのモニターよりも目の近くで操作します。
そうすると目に届く光の強さが全然違います。
近ければ近いほどエネルギーが強い訳です。特に夜は瞳孔も開いていますから、ブルーライトがモロに目に入って来ます。
「ためしてガッテン」でも「黄斑変性症はブルーライトも影響、それを保護するのがルテイン」と取り上げられました。
また「主治医が見つかる診療所」でも、「黄斑変性症にはルテインが有効」とし、黄斑変性症とルテインの関係を取り上げています。
このように、目にはルテインが良いことが、俄かに注目を浴びてきています。

ルテインの特徴

カロテノイドの一種で、抗酸化作用を持つ黄色の天然色素

・身体の中で作れないため、緑黄色野菜などで摂取することが必要
 (しかし、最近の促成栽培の野菜ではルテインを摂るのは難しい。返って有害な硝酸態窒素を取り入れることになる。)

・眼底の黄斑周辺部を守る

・白内障を予防・改善する

・コントラスト感度を改善する

・炎症を抑制する

・美肌効果

ルテイン・フレッシユの他との違い

 ルテインのサプリメントも様々出ていますが、ルテインならどれも同じ、ではありません。
 「ルテイン・フレッシュ
」は他のとは一味も二味も違います。

○人間の眼に存在するものと同じ、発酵過程を経たフリー体ルテイン(大抵は安価な未精製のエステル体ルテイン)

つのパワーをプラス

 ブドウ種子抽出物 ビルベリー抽出物 イチョウ葉抽出物 DHA EPA カシス抽出物 亜麻仁(アマニ)油 
 8シソの実油 そして9ブルーベリー葉エキスをさらに加えました

 DHAは薬用にも使う純度の高いものです。亜麻仁油(フラックスシードオイル)は低温圧搾(コールドプレス)方法により搾り
 薬剤抽出や脱酸脱色、脱臭などの工程を一切しない未精製油特注品を使用しています。

○こだわりの副原料(毎日ご愛用頂くものですので副原料にもこだわっています。

・遺伝子組み換え原材料を使用していない

・香料保存料など、不安な化学添加物を使用していない

・着色料は一切使用していない

・トランス型脂肪酸は含まれていない。


by e-kassei | 2015-09-02 09:09 | 事業