生活習慣病予防指導士

 生活習慣病予防指導士という資格をご存知でしょうか。
NPO法人日本ホリスティック医学協会が認定しています。http://www.holistic-medicine.or.jp/

 この協会は統合医療の先駆者アンドルー・ワイル氏が顧問になっていて、会長は帯津良一先生で東大病院第三外科医局長だった方です。

 「ホリスティック」とは「人間まるごと」という意味で、ホロス(全体)というギリシャ語は、ホール(全体)やヒール(治癒)ホーリー(聖なる)と同じ語源から生まれています。
西洋医学だけでなくあらゆる治療法を用いて自己治癒力を引き出し、健康を回復維持していこうという医学です。

 じつはその資格を取得しようと講座を受けていまして、3月に試験があったのですが、この間合格通知が届きました。
前から通信講座で勉強していたのですが2度落ちたので、通学コースに入り直して勉強していたんです。

 初めはタカくくって全然勉強せず試験日前日の一夜漬けもいいとこ、2度目は風邪引いちゃって頭がまったく回らずだったので、不合格は当然の結果ですよね。
おまけに医療関係とは全く縁のない仕事なので、専門用語は頭に空っぽでしたから出て来ようがない。
それで半年間、隔週日曜日の午後1時から5時までびっちり通ってお勉強でした。

 これで晴れてカウンセリングとかセミナー、レクチャーがプロとしてできるようになります。
でもいろんなもの教わって面白かったですよ。
中医学、ホメオパシー、アロマセラピー、カラーセラピー、太極拳、気功やカウセリングテクニックなどなど。

 企業保険の赤字対策や介護保険適用の軽減とかに、これからけっこう重宝がれると思います。
医者は点数にならないから教えてくれないし、栄養士はカロリー計算が主だし。
それも患者しか相手にしませんからね。

 これからは病気にならないように、衣食住の生活習慣を積極的に改善していくことが大切になっていきます。
そのためのお役に立てればと思っています。

by e-kassei | 2006-04-05 16:12 | 健康を考える