牛乳を飲むと骨粗しょう症になる!?【オカシイ日本の健康事情1】


 皆さんは「骨粗しょう症」の原因が牛乳だということを、御存知ですか?
このことは世界の医学では常識化されつつあります。

 牛乳・乳製品を多く摂る世界四大酪農国のアメリカ・フィンランド・デンマーク・スウェーデンでは 逆に骨粗しょう症が非常に多いというデータが出ています。

 牛乳・乳製品には動物性たんぱく質が多く含まれていますが、動物性たんぱく質は強酸性であるので、身体は弱アルカリ性を保つために骨のカルシウムを使って中和しようとするのです。
したがって、牛乳・乳製品を摂取すればするほど、骨から多くのカルシウムが失われることになります。 

 日本に激増している糖尿病にも牛乳が関わりをもっています。
糖尿病の原因となるたんぱく質の一種が牛乳中に含まれていることが確認されています。
学校給食に牛乳が導入されて以来、それまで横ばい状態だった糖尿病患者が激増しているのも頷けます。

 ではなぜ日本ではテレビや新聞で「牛乳でカルシウムを摂ろう!」と宣伝しているのでしょうか。
それは乳業メーカーが莫大な広告料を払って海外情報を遮断し、コマーシャルを流しているからなのです。
マスコミは100パーセント広告収入によって成り立っています。
ですからスポンサーに不利益になることは一切言うことができないのです。

 先日「思いっきりテレビ」に、アメリカに在住している有名な日本の医学博士が出演しましたが、「そのことが言えるか挑戦してみる。」と親しい人に話していたそうです。
私はその方から情報を得ていましたので、いつ話し出すかテレビをじっと見ていましたが、結局その話が出ることはありませんでした。

 また先日、牛乳の生産過剰で北海道の酪農家が牛乳を廃棄しているというニュースがありました。
生産者には気の毒ではありますが、最近インターネットが一般家庭に浸透してきたことで、今まで抑えられていた情報が消費者の知るところとなったのも原因ではないかと思います。

 皆さんは経済のためには健康を犠牲にしてもしょうがないと考えますか?
もうマスコミ情報に振り回されず、正しい情報を得て家族の健康を守っていきましょうよ。

by e-kassei | 2006-04-12 20:23 | 健康を考える