必読!【隠蔽されたガン治療法 その1】

 まだまた【オカシイ日本の医療事情】があるのですが、今もお知り合いで苦しんでいる方がおられると思いますので、ガン治療に進みます。

 ガン治療と言いますと、手術、放射線、抗ガン剤の3つが主な治療法ですね。
そして結果が芳しくないといろいろな民間療法を取り入れてお金を使って、やがて再発して余命何か月と宣告され、一生を終わります。

 先日俳優の岡田真澄がガンで亡くなりましたね。
去年の6月に食道ガンが見つかり、すぐに手術を受けて成功、「発見が早く、落ち着いて治療に専念できました。」とコメントしていました。
術後の回復は順調で8月に退院したのですが、やがてリンパ節に転移してしまったのです。

 しっかりと病院の言うとおりに治療して、それで1年後に亡くなってしまったわけです。
つまるところ西洋医学はまだガン治療に対してはこんなものなんです。

 ところがガンを治す有効な治療法は他にもあるのです。
幸いに現在はインターネットが普及したおかげで、世界中のあらゆる情報をすぐに手に入れることができるようになりました。

 また私自身も現代医療に不信感を持っておりますので、いくつかの有効な治療法を知ることができました。

 これからそれらをご紹介いたしますので、それぞれ自らのご判断をお願いいたします。
そして現代医療による洗脳を速やかに解いてください。

 まずは手始めに、
1 ハイパーサーミア(温熱)療法

 ガン細胞は急激に増殖したため血管が細くて脆弱であり、患部温度を42.5度に上げると、こもった熱を血管を通じて逃がすことができず壊死してしまいます。

 その特徴を利用して高周波で体温を42.5度まで上げ、ガン細胞の死滅を待ちます。
と同時に、免疫力も高まって自然治癒力が増すという効果も得られます。
体温を暖めますと熱ショックタンパク(ヒート・ショック・プロテイン)という物質が体内で作られ、傷んだ細胞を修復するのです。

 この治療法は日本が一歩リードしていて、日本ハイパーサーミア学会を設立、いくつかの病院施設で治療し、良好な臨床例を得ています。

 この療法は従来のガン治療法との併用という形で認められつつあります。

by e-kassei | 2006-06-16 14:02 | 健康を考える