必読!【隠蔽されたガン治療法 その5】

4 ガストン・ネサン博士・・・ソマチッド理論
  (ガン完治率75%の治療法。) 

 前回紹介した千島学説の「バクテリア自然発生説」を裏付ける理論。

 ガストン・ネサンは倍率3万倍の光学顕微鏡を開発し、それを用いて人の血液を研究していたところ、細胞より小さいソマチッドという生命体を発見しました。

 ソマチッドは人間が死んでも生き続け、高温加熱しても死なない不死身の生物で、DNAの前駆物質であり、地球上の全生命の基礎単位であると考えられています。
1万倍の顕微鏡があれば誰でも見れるそうですよ。

 このソマチッドは、落ち込んだり、腹を立てたりすると、バクテリアに似た形状のソマチッドになり、喜びや感謝の念を持つと、良いソマチッドが増えていくそうです。
(もし本当だとしたら、これが霊魂の正体なのかもと、私は読んでて思ってしまいました。)

 ネサンはその発見をもとに、「714X」と名づけた免疫強化製剤の開発に成功しました。
そして、それがガンやエイズなどの治療に、大きな効果を発揮することができると言う、多くの実例が報告されるに至ります。

 このような発見と治療法の発明にもかかわらず、医学界などから迫害を受け、故国フランスを追われカナダへ移住したものの、そこでもカナダ医師会から訴えられ、彼の研究全体の信憑性が問われることになってしまいました。
しかし裁判は、その治療法で完治した多くのガン患者の証言などもあり勝訴したのです。

 多分カナダもアメリカと同じように陪審員制度の裁判だったからなんでしょうね。
治療を受けて治った患者たちが裁判所前をデモ行進したそうですから。
日本の裁判制度ではこのような判決にはならなかったのかも知れません。

 でもこの理論をみなさんは耳にしたことがありますか?
裁判で治療法が正当であるという審判が下されれは、マスコミが一斉に報道し、あっという間に全世界に広まり、すぐに医療現場に生かされ、ガンで苦しんでいる多くの人たちが死ななくても済んだかも知れません。

 しかしマスコミはこの裁判結果をこぞって無視してしまったのです。

 しばらくはほとんどの国で医師の処方が認められず、アメリカでは病院どころか個人使用でさえ禁止していましたが、最近になってようやく個人輸入が可能になったそうです。

 「完全なる治癒」という本に詳しく書いてあります。

by e-kassei | 2006-06-27 22:25 | 健康を考える