「ほっ」と。キャンペーン

牛乳を飲むと犯罪が増える!?

 ある医学研究会でのレポートです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 1977年、アメ リカの犯罪学者、アレキサンダー・シャウスは、経過観察中の犯罪者を対象にして、ある実験を行った。
犯罪者をふたつのグループに分け、片方のグループには牛乳・乳製品・白砂糖の摂取量を減 らすよう指示し、もう一方のグループには特に何も指示を与えず、先に挙げた食品をごく普通にとらせたのである。  

 この状態で2年間、観察を続けたところ、ふたつのグループの間には、ある点で大きな差が見られた。
牛乳・乳製品・白砂糖の摂取量を減らしたグループの再犯率が11.7%であったのに対し、これら を普通に摂取したグループの再犯率は、実に33.8%という結果が出たのだ。
参考までに、アメリカ全土の再犯率は、約35%である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 でもこのことは何を意味しているのでしょうか。
最近キレる若者や理解不能の凶悪犯罪が起きるのも、牛乳や白砂糖を多く摂っていたからなのでしょうか。

 牛乳は逆にカルシウムを体内から奪うと言われます。
カルシウムが不足すると精神が不安定になるという説がありますが、このレポートでは医学的説明がないので何とも言えませんが。

by e-kassei | 2006-10-09 15:23 | 健康を考える