いじめについて

いじめについて、今まで私たちが想像していたのとはちょっと違うみたいです。

私もそう思っていましたが多分皆さんも、できない子や弱い子、暗い子がいじめの対象になっていると思っているでしょうが、これがまったくの逆なんです。

先生にかわいがられている子、勉強などがよくできる子、家庭が経済的に豊かな子、目立ちたがり屋の子、正義感の強い子、などがいじめられやすいそうです。

つまり自分だけいい子になって、というような心理が子供の中に芽生えて、あんなヤツみんなで無視しちゃおう、という行動に発展していく。
それが現代の学校でのいじめの体質なんだそうです。

いじめ問題はマクロ的捉え方とミクロ的捉え方と二つあります。
学校と教師の質を改めていくという解決法もその通りなんですが、かなり時間を要するのではないかと思います。

今実際にいじめに遭っている子の親はどうしたら良いのかということを、皆で考えていくのが現実的捉え方じゃあないのかなと思っているのですが。。。。

by e-kassei | 2006-11-11 19:02 | プライベート