バイオアースはEMよりすごい!


 山形で果樹園を経営しているSさんが、昨年11月の半ば頃から真っ赤な瑞々しい「乙女肌リンゴ」とネーミングされたリンゴを、山形天童市に近い果物の名産地として知られている「朝日町和合平」から出荷されています。

 Sさんの果樹園は、山形天童駅から30分ほどの郊外の高地にあって、修験の出羽三山で知られる山形の霊峰大朝日岳を主峰に、月山などに連なる見目良き山岳を一望にしたところにあります。

 昨年の6月下旬頃には、あたかも乙女肌の色艶をした大粒のサクランボを頂き試食しましたが、その美味しいこと!まさしく絶品でした。
ぜひ皆様にもお勤めしたいと注文したところ、「サクランボは数が限られているので終わりました。」となりましたが、来年は早めに予約していただければ「出来るだけお届けできるようにします!」とのことです。
数、味、色艶、三位一体の幻の一品です。

 昨年まではご両親が果樹園を運営してきましたが、昨年初秋のご結婚を機会に、今年からファームを受け継いで、さらに21世紀農業へと発展させるべく研究活動中なのであります。

 現在Sさんは、奥様の実家がある埼玉に在住、故郷と東京を行ったり来たりして活動しています。
そのような多忙な生活を過ごしながら、本格的な環境再生型農業を構築するべく、今年は「バイオアース農法」を全面的に取り入れた農業を展開しようと、農地法人を立ち上げるべく頑張っているところです。

  『Sさんの話』

 今から15年くらい前でしょうか、琉球大学の比嘉照夫教授が提唱されていたEM(有用微生物群)を活用した農法を知り、父にこんなのがあるよと気楽に伝えたのですが、以前から有機農法を実践していた父は感じるものがあったらしく、直ぐに資材を取り寄せ実践に移した経緯がありました。

 一応の効果はありましたが、「バイオアース農法」はEMを遥かに超える技術であって、土壌に棲息する徹生物の働きが飛躍的に向上するというのですから、そこに偉大さと奥深さ、将来性と面白さを感じ、一人興奮してしまいました。
そして自宅の狭いベランダのプランターにも、「バイオアース」を施して、この夏僅かながらキュウリやらナスやらの収穫を楽しませて頂きました。

 秋風の吹く時期になりましても、「P・マリンソルト」を溶かした水をあげたことが切っ掛けなのか、元気がなくなり掛けていたキュウリが枝をのばし葉を広げ、花を咲かせて実をならせている現実を目の前にして「す、すごい!」と驚嘆しております。

 サクランボは日待ちのしない果物ですが、驚く程新鮮さを保ち、かつ発酵熟成が進むとのことで、味も大変に美味しいものでした。

 また、今年の梅干しは「生体水システム」処理した塩を使わせて頂きましたので、味も果肉の感じも例年のものと全く違うものが出来ました。

 これから米やリンゴが収穫されますので、どんな結果がでるのか、今からわくわくしているところです。

by e-kassei | 2007-05-10 18:21 | 草木がよろこぶ