史上最長寿の動物発見 400歳!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

英バンゴー大学の研究者たちが、400歳の貝を発見した。


d0037863_232582.jpg


この二枚貝は『アイスランドガイ』(学名:Arctica islandica)で、アイスランド北部沿岸沖という極寒の大西洋で生きてきた。

バンゴー大学サイトにある発表によると、正確には405歳から410歳。「この貝が生まれた頃は、ジェームズ1世がエリザベス1世に代わってイングランド王に即位し、シェイクスピアが『ハムレット』、『オセロ』、『リア王』、『マクベス』などの偉大な戯曲を執筆中であり、ジョルダーノ・ブルーノが地球ではなく太陽が宇宙の中心であるとの説を主張して火あぶりになった」とある。

さらに付け加えれば、ルネ・デカルトはまだおしめをしている頃であり、オランダ東インド会社は設立直後。少し前に欽定訳聖書が出版され、望遠鏡と顕微鏡が発明されたばかりだ。対数はまだ存在しなかった。

公認された記録のなかでは、これまでの最長寿は、米国で発見されたアイスランドガイで、生存年数は220年だった。374年間生きていると考えられているアイスランドガイもいるが、正式には認められていない。

科学者たちは、貝殻の年輪を数えることによって貝の年齢を決定する。年輪で樹木の年齢がわかるのと同じ方法だ。(豆知識をひとつ。この方法で貝の年齢を測定する人は「sclerochronologist」と呼ばれる。樹木の方は「dendrochronologist」だ。)

ところで、アイスランドガイはなぜこれほど長寿なのだろうか。答えは誰も知らない。興味をそそられる可能性として、アイスランドガイは、加齢による損傷を回避するメカニズムを、細胞レベルで進化させたのかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これが人間に応用できたらいいんですけどねえ。

by e-kassei | 2007-11-12 23:27