ガンなどの難病治療で知られている鶴見クリニック鶴見隆史先生を中心とする会の詳細

ガンなどの難病治療で知られている鶴見クリニック鶴見隆史先生を中心とする会が発足しました。

名前は「蘇生会」
「全てに渡って蘇生をしたいという想い。」から付けたそうです。

そして広報誌は「風の囁き」。
創刊号は2009年3月発刊ですが、準備号ができましたので一部を紹介いたします。


蘇生会広報誌 「風の囁き」

 巻頭言

風は「神の意思」だそうです。

我々は神のような想いから発信を開始しました。

優しく爽やかに、さりげなく浸透すればという想いです。

一言で云えば「自然体で真理を伝える会」がこの会です。

風が吹き、知らぬうちに影響されている人でいっぱいになれば、

日本も地球も変わっていくはず・・・・・・などと壮大なことを夢見ているのです。

風は愛と光で運ばれ耳元で囁き人を癒すのです。

我々は優しい風になってあらゆる所へ運んで行き、

人と地球の手助けになりたいのです。


蘇生会とはどんな会か?   鶴見クリニック院長 鶴見隆史

 天才的整体節の天地氏から、突黙のごとく相談を受けたのが九月のある日でした。
「先生を中心の会を作り講演会などで全国展閉をしたいが、その名前をつけてほしい。」

 最早、会はできており、後は名前だけだ、とでもいいたいような性急さ。
しかし、私は五分もしない内に名前を決めて、提示したのでした。
出てきた名前は「蘇生会」。

 実は、私は私の中で、こういった会を作り全国に広めたいという思惑がありました。
そのため、天地氏の要請に、その内容は聞かずとも、アウンの呼吸で返事をしたというわけです。
蘇生会とひらめいたのは、まさに、全てに渡って蘇生をしたいという想いがあったからです。
そしてその想いは天地氏も全く同様でありました。
とにかく、会の名前が先に出来、内容は後で煮詰めるということになりました。
そして、その作業も簡単でした。
二人が今からしたい、という想いは言葉にせずども判リあえていたからでした。

 私が、以前からずっと温めていた想いとは、四つのことでした。
その想いを天地氏に話したら、やはりというか当然というか、彼も同様の想いで、だから私に相談したと述べたのでした。
まさに、以心伝心のなせるわざ。

 もう一つ、彼と一致したのは、「時機到来」の四文字。
今だからこそこの会が必要なんだ、ということなのです。

 とにかくその四つのことを書いてみたいと思います。

一 病気にならないための真の予防医学の伝授と病気になった時に薬剤を使わず良くする方法の伝授。
二 最良、最高のサプリメントの紹介。
三 無肥料、無農薬の畑やたんぼ作リの方法の指導と伝授。
四 宇宙法則から見た本当の生き方とその伝授。

 この4つです。

 第一の内容は、医者が居るのではないか?
という人が多くいると思いますが、医者は慢性病にからきし弱いということを知らなくてはなりません。
医者のやることとは、病名診断即薬の連続なのです。
このやリ方では人間は必ずといっていい程、前の病気に加えて、薬害という新たな病気を併発することになります。
今、この日本で、病気を患っている人はものすごい数に昇りますが、薬害の弊害も数限りないのです。
また同時に、食生活の悪さもすさまじい限りです。
病気の大半というかほとんどは、食生活の乱れに端を発して生じるのですから、本当に健全になる食生活を行わずして健康の獲得は難しいことになります。
そこで必要になってくるのは、本当に健康になる食生活を知ることとその実行です。
しかし、本当に健康になる食生活は意外やあまリ知られていないのです。
私は私の経験から、どうすれば、本当に健康になるか?のレシピ、方法を編み出しました。
それを、この会で伝授し、皆様に健康になって頂きたいのです。

 第二に最良のサプリメントですが、世には、それこそ無数といって良い程サプリメントが存在しますし、またどんどん作られています。
しかし、私に言わせるとその大半が極めて物足らないものばかり。

 そういう意味ではこういう話があリます。
あるサプリメントの大メーカーの社員がこぼしていた台詞。
「ビタミンCを作っている時、よく見られる現象だが、みるみる変色をしていく。
その後で乳糖でコーティングしてしまうので、変色は判らなくなるが、この変色って酸化したということじやないですか?」と。

 つまり、彼の会社のビタミンCは、既に酸化しており、それをごまかして売っていることになります。
そんなものを、飲まされたら身体に良いわけありません。
彼は、そんなものを売るのが嫌になってその会社を辞めたそうです。
しかし、こういった不誠実なサプリを出している会社は、その一社だけではないはずです。
世の中のサプリは、かように、酸化された質の悪い物を売っている所も多いかもしれません。
全てが、酸化しているなどとはいうつもりはありませんが、酸化した物を出してよい訳ないのです。

 また、私の得意分野の酵素サプリ。
この酵素サプリも、実に問題のものばかり。
日本では表示義務かありませんが、欧米では酵素サプリはその力価の表示が義務づけられています。
私は日本のサプリをいくつも調べてみました。
そこで驚くべきことがわかりました。

 何と計ったものは、全て力価はゼロで、酵素力はなかったのです。
ゼロですよ!
5やら10ならまだしも、酵素力が全くないものが売られているのです。
つまり酵素でないものを酵素として売っているものが、ほとんどという事実にあ然としたのです。
私が調べた限リでは、本当に力価が高く、酵素としての薬効効果があったものは、ほとんどでアメリカ製のものばかり(私もアメリカの極めて強力タイプを輸入して使っている。)
日本で、高い酵素力価があった会社は、いまのところ何と二社のみというひどさ(きっと他にも力価の高いものがあるかも知れないが調べていない。)

 かように、本来、身体に良いはずのサプドメントが、質の悪いものが多いという現実に驚かされます。
しかし、中には逆に、ガンも治癒される程のすごいサプリも存在します。
つまり、サプリメントといっても、ピンからキリまでといえるのです。
そこで、この会では、最高のサプリメントで救われる人も出るはずということから、最高のものを紹介させて頂きたいと思うのです。
食事の良し悪しは、健康を大きく左右します。
同時にサプリの良し悪しも同様だったのです。


後は創刊号ができるまでお待ちください。

by e-kassei | 2008-12-19 00:06 | 健康を考える