カテゴリ:健康を考える( 106 )

健康に関するタバコ三題

久しぶりに今年初めての書き込みです。
健康に関するタバコ三題です。

ちなみに鶴見隆史先生は、タバコの毒を分解するために体内に貯蔵された大量の酵素が消費される。
体内酵素は再生されないので、使えばどんどん減っていく。
酵素がなければ瞬き一つできない。
だから病気になって寿命が縮まるのだ、ということを仰っていました。

「タバコの煙に安全レベルなし」、2~3本でも危険 米報告書
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2778616/6568330

【12月10日 AFP】米公衆衛生局長官のレッジーナ・ベンジャミン(Regina Benjamin)医務総監は9日、たまに喫煙するだけの場合や、受動喫煙であっても、循環器やその他の健康障害を招き得るとする報告書を発表した。

 米公衆衛生局は1964年以降、長官名で喫煙の危険性に関する報告書を発表している。最新版で、ベンジャミン長官は「タバコの煙には、吸っても安全なレベルはないということが立証された」と述べた。

 報告書は、「必ずしもヘビースモーカーや長期喫煙者でなくても、喫煙関連疾患にかかったり、タバコの煙が誘因となる心臓発作やぜんそくの発作は起きる。 受動喫煙を含む低レベルの暴露でも、急速かつ著しく血管内の機能障害、炎症は増加し、心臓発作や脳卒中に関わる」と警告している。

 また、1日の喫煙本数が2~3本だったり、たまにしか吸わない、あるいは受動喫煙といった低レベルの暴露でさえ、心血管事故のリスクを大幅に増加させる に十分だとの証拠も挙げられた。さらに今回の報告書によって、タバコの煙への暴露に対する健康リスクの増加は直線的ではないという新見解も加わったとし た。

「タバコの煙には7000種類もの化学物質や化合物が含まれており、そのうちの数百種類は有害で、70種類以上が発がん性物質だ。・・・それらの化学物質は煙を吸引するたびに素早く肺まで到達する。そして血液によって毒性物質が身体の全器官に運搬される」(同報告書)

 報告書はまた、タバコはニコチンやその他の成分の「中毒になるように作られて」おり、若者ほど「ニコチンに反応しやすく」、したがって中毒になりやすいとも警告している。(c)AFP

中年期のタバコ吸い過ぎで認知症リスク2倍以上に
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2769986/6375934

【10月27日 AFP】中年期にタバコを多く吸った場合、20年後にアルツハイマーなどの認知症を発症するリスクが吸わなかった場合の2倍以上になるとの調査結果を、 フィンランドの研究チームが25日、米医師会の内科専門誌「アーカイブス・オブ・インターナル・メディシン(Archives of Internal Medicine)」電子版に発表した。

 東フィンランド大学(University of Eastern Finland)クオピオ大学病院(Kuopio University Hospital)のミンナ・ルサネン(Minna Rusanen)医学博士は、1978~85年に健康診断を受けた当時50~60歳の2万1123人のデータと、彼らが平均年齢71.6歳となった94年 1月~08年7月に実施されたアルツハイマーなどの認知症に関する診断とを分析した。

 対象者のうち、認知症と診断されたのは全体の25.4%にあたる5367人(アルツハイマー1136人、血管性認知症416人)で、50代の頃にタバコを1日2箱以上吸っていた人では認知症、特にアルツハイマーを発症するリスクが非喫煙者の2倍以上だった。

 喫煙は脳卒中のリスク要因であることが知られているが、研究チームは今回の分析結果によって、血管性認知症リスクを増大させる可能性もあると指摘している。

 また、喫煙によって引き起こされる酸化ストレスと炎症は、アルツハイマーの発症においても重要なカギを握っていることから、血管・神経変性経路で認知症 の発症に喫煙の有無が影響している可能性を示唆。「中年期におけるタバコの吸いすぎは、人種、性別を問わず、アルツハイマーと血管性認知症のリスクを増大 させる恐れがある。タバコが公衆衛生に及ぼす有害性は、世界的な高齢化と認知症の増加に伴って一層高まるだろう」と締めくくっている。(c)AFP

妊娠中のたばこの吸い過ぎ、子どもが犯罪者になる確率高まる
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2775472/6470118

【11月16日 AFP】妊娠中の母親がたばこを毎日1箱以上吸うと、生まれた子どもが犯罪者になるリスクが30%高まるとする研究結果が、16日の英医学専門誌「Journal of Epidemiology and Community Health」に発表された。

 米ハーバード大学公衆衛生大学院(Harvard School of Public Health)の研究チームは、1959~66年に行われた喫煙習慣に関する調査に参加した女性たちの子どもである33~40歳の米国人4000人の健康データと犯罪歴を調べた。
 
 その結果、妊娠中に1日最低20本を吸っていた母親の子どもでは、それ以外の子どもに比べて、犯罪者になる確率が30%高かった。犯罪常習者になる確率も相対的に高かった。

■「ある程度の因果関係は認められる」

 精神疾患、家庭環境、貧困など犯罪行動に関連する諸要素を除外しても、母親の喫煙と子どもの相関性が認められ、犯罪者になる子どもの男女差もなかった。 論文は「妊娠中の母親の喫煙と成人の犯罪に強い因果関係があるとは断定できないが、今回の研究である程度の因果関係は認められた」としている。

 これまでの研究では、妊娠中の母親の喫煙と、子どもの多動性障害や攻撃性、青年期の非行の間に強い相関性があることが示されている。

 動物を使った実験で、こうした問題が、発達期の脳、特に神経伝達物質受容体にニコチンが及ぼす生物学的効果によって起きる可能性が指摘されている。犯罪常習者はそうでない人よりも、神経心理学的異常を抱えている場合が多い。(c)AFP

by e-kassei | 2011-01-20 22:22 | 健康を考える

第七回蘇生会講演会のお知らせ

11月14日の日曜日に、第七回蘇生会講演会が開催されます。

平成22年11月14日(日)開場12:00 開演13:00 閉会17:00
科学技術館サイエンスホール

第一部 大松農場 百姓 大松秀雄 「農は人なり、食は生命なり」

大松さんは千葉で養鶏と畑をやっている農家です。
自らを百姓と呼び、ホンモノの野菜や鶏卵を作っています。
しかしその土地に留まっているのではなく、世界各地を飛び回り様々な情報を仕入れてきています。
今回は農業よりも、そっちの話になるかも知れません。

第二部 鶴見クリニック 院長 鶴見隆史 「真実の農業と医療」

大松さんに引き続き、医療から見た農業をお話しします。
食で身体も健康になるというのがもともとの自然な姿ですよね。

そして真実の医療。
今回も最新の医療を紹介して下さると思います。

第三部 日本シードマイスターネットワーク 事務局長 西郷正昭 「知的障害者と食養生」

私はこの話を前もって聞き愕然としました。
知的障害者の食事がこんなに劣悪なものだとは少しも知りませんでした。

寮みたいに食堂がちゃんとあって、温かいご飯と味噌汁を毎日食べているものばかりと思っていましたから。
皆さんもそう思うでしょう?


詳細や申し込みはこちらです。
d0037863_11133383.jpg

by e-kassei | 2010-11-08 11:14 | 健康を考える

玄米を食べるとガンになる!?

最近ファンケルの発芽玄米のコマーシャルを見かけなくなったことに気づきませんか。

実は玄米を圧力釜で焚くと、強力な発ガン物質であるアクリルアミドが発生することが、最近の研究で分かったからなのです。

ウィキペディアより
アクリルアミドは毒物及び劇物取締法上の劇物に指定されており、神経毒性・肝毒性を有し、皮膚からも吸収されるため、取扱いには注意を必要とする。

変異原性(発癌性)が認められ、PRTR法の第一種指定物質となっている。

食品に含まれるアクリルアミド

* WHOの下部組織IARCはアクリルアミドは発がん性が強く疑われると評価している(IARC発がん性リスク一覧参照)
* 2002年にスウェーデン政府がイモ類を高温で焼いた、あるいは揚げた食品中にアクリルアミドが含有されていることを発表した。その後の研究で量の多少はあるが焼いたり揚げたりした食品にはアクリルアミドが含有されていることが明らかとなった。このアクリルアミドはアスパラギンと糖類のメイラード反応によって生成していると推定されている。現在この食品中のアクリルアミドのリスク評価が国際的に進められている。

* 2005年には、FAOとWHOからなる合同委員会が「食品中のアクリルアミドは健康に害を与える恐れがあり、含有量を減らすべき」という勧告を発した。

* 2007年、オランダのマーストリヒト大学のジャネケ・ホゲルボルスト (Janneke G. Hogervorst) 氏らが「アクリルアミドの摂取は特に非喫煙者の女性において子宮内膜がんと卵巣がんの危険性を高める」という疫学調査結果を Cancer Epidemiology Biomarkers & Prevention 誌 11 月号に発表した。※マーストリヒト大学プレスリリース

* 2008年、オランダのマーストリヒト大学の研究チームが「アクリルアミドの摂りすぎは腎臓がんのリスクを高める」という研究を American Journal of Clinical Nutrition 誌5月号に発表した。

アクリルアミドを含むとされる食品

同じ製品でも使用原料や加工条件の違いなどにより、アクリルアミドの含有量には大きな個体差があり、含有量を的確に表現できないとされる。また、伝統的に摂取され続けてきた食品も多く、どの程度人体への悪影響があるのかも不明な点が多い。

* 食品中のアクリルアミド分析結果(厚生労働省ホームページ)

* ポテトチップ
* フライドポテト
* ほうじ茶
* 麦茶
* 中国茶
* ココア
* コーヒー
* かりんとう
* アーモンド
* ビスケット
* クッキー
* クラッカー
* 芋けんぴ
* きな粉
* カレー粉
* インスタントラーメン

どうやら高温加熱することでアクリルアミドが発生するようです。

今それでマクロビオティック協会がパニックになっています。
玄米菜食が基本ですから、根本が崩れてしまったわけですね。

さあ皆さん、どうしましょう。

by e-kassei | 2010-09-27 15:38 | 健康を考える

高コレステロール=長寿、脂質栄養学会が指針

高コレステロール=長寿、脂質栄養学会が指針(2010年9月3日05時04分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100903-OYT1T00010.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 コレステロール値は高い方が長生きで良いとする指針を、医師や栄養学者らで作る日本脂質栄養学会がまとめた。

 3日から愛知県で開かれる同学会で発表する。高コレステロールは心臓病や脳卒中の危険要因であり下げるべきだとする現在の医療は「不適切」としており、論議を呼びそうだ。

 現在の基準は、LDL(悪玉コレステロール)が140(ミリ・グラム/デシ・リットル)以上かHDL(善玉コレステロール)が40(同)未満、もしくは中性脂肪が150(同)以上だと高脂血症と診断される。

 日本動脈硬化学会が作成した。メタボ健診の基準もこれを基にしている。

 日本脂質栄養学会が今回まとめた「長寿のためのコレステロールガイドライン」は、「現在の基準値は基になる具体的なデータが示されていない」と主張。

 コレステロールが高いほど死亡率が低かったとの大規模研究や、コレステロールを下げる薬を服用しても心臓病の予防効果は見られないとする海外の近年の研究から、指針をまとめた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前々から分かっていたことなんですが、やっと発表されましたね。

医療ビジネス利権にどっぷり浸かっていた自民党から民主党に政権が移って、今までフタをされていたものが徐々に外れてきています。

では今まで抗コレステロール剤を飲まされていた人は何だったのでしょうね。
金返せって、皆さんで訴訟を起こしても良いくらいです。

by e-kassei | 2010-09-06 18:22 | 健康を考える

肺ガンと腎臓癌のダブル癌の癌マーカーが正常値に

鶴見先生から役員にメールが来ました。

肺ガンと腎臓癌のダブル癌の患者のケースです。

左腎臓癌は一部手術。
しかし、すぐに、残った左腎臓に転移。

有明癌センターでは、抗がん剤をと言われましたが、もう、騙されないぞと拒否したそうです。

そして有明を止めて鶴見クリニックで治療開始。

徹底的に食養生と岩盤浴、サプリメント(太陽の水素と紅い水素)の治療!
静岡県伊豆長岡にある弘法の湯(ホルミシスの出る岩盤浴)にも良く行くように指示しました。

そうしたら、なんと全部が良くなって来たそうです!

なんと、癌マーカーが正常化!
肺ガンも腎臓癌も!!!
体調もベスト!!!
しかもたった4か月で!!!

しかし真実の免疫療法の何と素晴らしいことでしょうか!!!

ちなみに太陽の水素と紅い水素は鶴見先生しか扱っていません。

by e-kassei | 2010-09-06 18:19 | 健康を考える

第六回蘇生会講演会でのアンケートがまとまりました。

第六回蘇生会講演会でのアンケートがまとまりました。

休憩時間もあまりなく時間のない中、64人からアンケートを頂きました。

その打ち分けは、

とても良かった   72%
良かった       22%
ふつう         3%
良くなかった     0%
無記入        3%


特に、とても良かったと答えた人の理由

・ どちらの先生もまとまった時間をそれぞれお話いただいたので、大変勉強になりました。
  講演時間が短いと、良い話しも断片的で終わってしまうので。
・ 両先生とも食がいかに健康に影響を与えているか感銘しました。
・ 動物性蛋白質のとり過ぎが体に良くないことが、自分なりに理解できました。
  乳製品と前立腺癌との関係も興味深く学べました。
・ 世の中の問題の解決法やメカニズムが非常に理解できた。
・ 新しい情報を入手できた。
・ 良いと思ってきたものが間違いであることを知ることができた。
・ 自分のためにカラダにいいものを摂るようにしていきます。
・ 食生活、色々気を付けていましたが、さらに考えさせられました。
・ 大変勉強になりました。感動しました。
・ 昔からの固定概念が見直されるキッカケになりました。
・ 病気にならないカラダつくり、食生活、自分自身のあり方、大変勉強になりました。
・ 食のこわさが良く分かった。酵素の大切さが良く分かった。楽しかったです。
・ 日々食事や健康に気を使っているつもりではいましたが、
  改めて見直すきっかけになりました。
・ 本質がわかり、日常生活に取り入れられる内容があったこと。情報満載で聞き応え充分。
・ 初めて聴きに来たが話がとても分かりやすいです。
・ 難しい言葉でごまかされてきているのでごまかしなしの話しは貴重で、
  本当の言葉と理解できます。
・ 食の安全性など私たちが知らなかった事柄をこまかく教えていただけた事や、
  カラダの事、病気の事、食事の事も知ることが出来たので・・・ありがとうございます。
・ 栄養学、最高のコラボでした。
・ ファスティングの話し、子供への影響の話し、酵素など面白かったです。
・ 酵素の重要さがよく解った。
・ なぜ油が重要か?科学的に理解でき、現在のタイムリーななぜ断食が良いのか?
  が情報を得ることができたため。
・ 油の見方が変わりました。油の本読みます。
・ 講演も期待以上でとても良かったです。また機会があったら聴いてみたいです。
・ 鶴見先生のお話で何が重要なのか再認識できました。

 などなど・・・・
 皆さん満足されたようです。

by e-kassei | 2010-08-31 16:10 | 健康を考える

1人当たり27万円 概算医療費、7年連続過去最高

1人当たり27万円 概算医療費、7年連続過去最高

産経ニュース
日経もあります。

えーっ!?という言葉がついつい出てしまいます。
今さらだけど、一人年間27万円も国から医療費が出ているんですね。
ということは、保険組合、事業主、個人が支払う保険料、個人負担を加算すると、約50万円を軽く超えてしまいます。
つまり病院は、年間一人当たり50万円以上の医療売上があるということです。

個人負担でも年間17万円くらい支払っています。
3人家族ならば50万円以上、財布から出ていくことになるのです。!

50万円あれば家族旅行ができますよ。
病気でお金を使うより、よっぽど楽しいと思いますがね。

風邪でも何でも病気になったらすぐ病院というのはもうやめましょうよ。
何も病院や医薬メーカーを儲けさせることはありません。

食事などの生活習慣を変えていけば、病気にならなくて済むし、
病気になっても軽くて済むのです。

下の記事に書いた、申請中の「NPO法人鶴見酵素栄養学会」が、これからどんどんその活動をやっていきますよ。
期待しててくださいね。

by e-kassei | 2010-08-17 10:06 | 健康を考える

当院が役員を務める蘇生会がNPO法人化に向けて動き出しました。

鶴見隆史鶴見クリニック院長を会長とする「蘇生会」が、いよいよNPO法人化に向けて動き出しました。
蘇生会は今まで会長の講演料は無し、役員は手弁当のボランティアで活動してきましたが、現在会員数350名を超え、任意団体としては活動し難くなってきたため、4月頃から設立準備委員会を設け、内閣府「特定非営利法人鶴見酵素栄養学協会」認証に向け議論を重ねてきました。

そして6月に内閣府へ届け出書類を提出、書き直し3回を経てこの度受理されました。
これで4か月の縦覧期間を経て認証となります。

なにせ専門家に頼まずに、私たち役員たちで知恵を出し合って書類を作りましたので、喜びもひとしおです。

これで日本の医療が変わっていきます。
是非ご期待ください!!

先日、主だった役員で衆議院会館を訪ね、
民主党の木内孝胤(きうち たかたね)代議士と面会してきました。

木内氏も代替医療には関心が深く、夫婦でいろいろなサプリメントを愛用しているそうです。
先生の本と講演会のDVD、広報誌を渡し、「活動に協力していきますので、何なりと申し付けください。」との言葉を頂きました。

帰りがけに、となりが長妻厚労大臣の部屋になっているので、木内氏の紹介で名刺と広報誌を、大臣は会議中でしたので秘書に渡してきました。

名称は「特定非営利活動法人鶴見酵素栄養学協会」

内閣府NPOホームページ申請団体一覧

団体名称 特定非営利活動法人鶴見酵素栄養学協会

申請内容 設立申請
受理日 2010/08/13
代表者名 鶴見 隆史
主たる事務所 千葉県香取郡多古町十余三369-99
従たる事務所 東京都世田谷区奥沢5-7-14-405

目的
医学がめざましい進歩を遂げていると言われているにもかかわらず、我が国のガン・心臓病など多くの生活習慣病罹患率やこれらによる死亡率は増加の一途を辿り、国民医療費が年々増大し国家予算を圧迫している。
この法人は、健康に不安を抱いている人々、病気に苦しむ人々、食の安全安心確保を願う人々等に対して、酵素栄養学等を活かした食生活改善に関する事業、自然の恵みを活かした種の選定と健全な土壌づくりから生まれる「本もの農産物」の確保に関する事業等を行い、ガン、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、肥満等多くの生活習慣病を未然に予防し或いは自然治癒力を向上させ、罹患率(有病率)の減少と国民医療費の軽減に寄与することを目的とする。

by e-kassei | 2010-08-14 22:02 | 健康を考える

第六回蘇生会講演会のお知らせ

第六回蘇生会講演会が8月1日(日)に科学技術館サイエンスホールで開催されます。

d0037863_1415916.jpg


今回のゲスト講演は山田豊文さんです。

読売ジャイアンツや福岡ソフトバンクホークスなどのキャンプ地で講演を行い、多球団の有名選手を指導。
自然療法を駆使し、ケガや故障で苦しむアスリートを復活させるなど、スポーツ栄養学の第一人者として、高く評価されています。




第一部 鶴見クリニック 院長 鶴見隆史 「病気の現状と治し方の基礎」

斉二部 杏林予防医学研究所 所長 山田豊文 「病気にならず長生きができる!」
            ~HQ(健康指数)を高めるための5つのポイント~

日時 8月1日(日) 開場13:00 開演13:30 閉会18:00

場所 科学技術館サイエンスホール 

    東京都千代田区北の丸公園2-1

    地下鉄 九段下 (2番線出口)徒歩7分 竹橋(1b出口)徒歩7分

地図

入場料 (前売制) 会員2,500円 一般3,000円

定員  400名 (先着順とさせていただきます)

懇親パーティ  18:30~20:00 同館内「ザ・スペース」
            
          会費4,000円(予約制) 先着150名様

 ◎こだわり野菜を使用したローフードメニューが主体です。

振込先 ゆうちょ銀行 00240-5-84504 蘇生会
    
    他の金融機関からの振込口座番号
     〇二九(ゼロニキュウ) 店(029) 当座0084504

     ※振込手数料はご負担願います


お申込み方法

お名前・郵便番号・ご住所・電話番号・入場料懇親パーティーそれぞれの申し込み枚数(会員か一般の明記も)・合計金額を明記
タイトルは「第6回蘇生会講演会申込」

お申込み・ご入金が確認できましたら、チケットをヤマト宅急便メール便にてお送りいたします。

FAX 045-949-6753
E-mail takino@nagomi-co.com

たくさんのご参加お待ちしております。


お問い合わせ先 蘇生会事務局(なごみコーポレーション)
             045-949-1839

by e-kassei | 2010-07-12 14:02 | 健康を考える

医薬業界や食肉、乳業メーカーが反論できないデータ 1


前回紹介した「葬られた第二のマクガバン報告」を一通り読み終えました。

もうこれは確かなデータで反論のしようがありません。
関連業界は無視するしか手がなさそうです。

この本のデータを医者に見せて反応を確かめてみて下さい。
手術、放射線、抗がん剤よりももっと有効な治療法であると認めざるを得ないでしょう。


ガンの促進原因は「カゼイン(牛乳タンパク)」だった。!!

このデータはネズミでの実験ですが、ヒトでも同じであったことが証明されました。
それは中国全土を対象とした膨大なデータから判明されたのです。

中国農村部では何代も同じ土地で暮らし、同じ生活習慣、つまり昔ながらの機械化されていない農作業をし、同じ食事をしています。
データを取るにはもってこいのサンプルです。

その農村部では肉を食べることはめったにありません。
しかしガンの罹患率は極端に少ないのです。

対して都市部の中国人のガンの罹患率は高い。
農村部の中国人も、都市部に移住するとガンの罹患率が高くなるのです。
それは運動量が少なくなることと、肉食を摂取するようになったことが、その原因であることが分かりました。

d0037863_11324815.jpg



図9のデータは、
発ガン物質によって形成された病巣の発育促進状況は、タンパク質の多い食事の方がずっと高いことを示しています。

d0037863_11333836.jpg


図10
高レベルの発ガン物質を与えても、タンパク質の少ない食事では病巣は僅かしか発現しません。
一方投与された発ガン物質が少なくても、高タンパクの食事では「病巣」の形成が目ざましいことが分かります。

図11
総摂取カロリーに対するタンパク質の割合が10パーセントをこえると「病巣の成長度」が急上昇します。


d0037863_11344881.jpg



図12
タンパク質20%食のネズミでは、発ガン物質の投与量が増えるとともに、「病巣」が増加。
一方、5%食のネズミでは、発ガン物質の投与量をネズミの最大耐量にまで増やしても、病巣反応に変化は見られなかったことがわかります。

d0037863_11355598.jpg


図13
植物性タンパク質では、その摂取量がカロリーの20%でも、動物性タンパク質20%食のように、ガンの増殖を促進することはほとんどなかったこと がわかります。

d0037863_11363172.jpg


図14-1
100週目における「腫瘍反応度」は、カゼイン量の多い高タンパク食のネズミが最も著しかったことがわかります。

図14-2
「病巣反応度」においても高タンパク食のネズミが最も著しく、腫瘍反応と一致していることがわかります。

d0037863_11365639.jpg


「動物性食品の摂取量が増えると、乳ガンも増加する」というデータです。
「動物性食品はきわめて深く乳ガンと関係している」ことが読み取れます。

図17
脂肪の摂取量が多い国では、乳ガン死亡率の高いことがわかります。

d0037863_11375621.jpg


図18
動物性脂肪摂取量の多い国では、乳ガンの死亡率が高いことがわかります。

d0037863_11383125.jpg


図19
植物性脂肪の摂取量が多くても乳ガン死亡者が少ない国もあり、逆に摂取量が少なくても死亡者の多い国もあります。
これは乳ガンが植物性脂肪によって左右されるのではなく、動物性脂肪との関与が深いことが示唆されます。

d0037863_11385515.jpg


この他にもまだまだ続きますが、是非この本を読んでみることをお勧めします。

結論として、動物性タンパク質の摂取量を変えるだけで、ガンの増殖を「ON」にしたり、「OFF」にしたりすることができる。
ということですね。

by e-kassei | 2010-06-12 11:40 | 健康を考える