<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

科学者が認めない水の話

 私はある縁で水の研究している方と懇意にさせて頂いているのですが、この理論は40年前に発表されていながら既にニセモノ理論として否定されています。
しかしながらこの理論をもとにいろいろなシステムや製品が出来上がっています。
どうも本当の理論を世の中は認めない仕組みになっているみたいですね。

 以前、「おいしい水安全な水」という本まで出している国立大学の教授が、私がいたニフティのフォーラムに入ってきて発言をしたので、「本の中ではこの水のことを否定していますが、本モノがありますので実験してみて下さい。」と、試料を送ってみました。

 最初は「もしそれが本当ならば科学界に衝撃が走ります。」とか言っていたのが、「何かと忙しくてなかなか実験する時間がありません。」と、一向にしようとはしませんでした。

 半年経ってもそのままなので、やる気がないと判断しメールを出すのを諦めました。

 「この水」は0℃になっても凍りません。
冷凍庫に普通の水(水道水とかミネラルウォーター)と「この水」を、それぞれ製氷タッパーに入れて凍らせますと、当然普通の水の方は氷になりますが、「この水」は水のままです。

 「この水」は-10℃くらいでやっと凍り始めますが、シャーベット状になり、しかも膨張せずに逆に縮小します。
水は凍ると体積が増えると学校で教わりましたよね。
ペットボトルに普通の水と「この水」を入れて比較すればすぐ分かります。

 「この水」に100PPMの青酸カリをいれてもメダカは元気に泳ぎ続けています。
これは当然ながら私はまだやっていません。

 「この水」にバクテリアとか大腸菌を入れますと、いなくなってしまいます。
これもちゃんとしたところでやって欲しい実験なんですが。

 「この水」はイオン反応を起こしません。
ということで実際に目で見て分かる簡単な実験です。
d0037863_11314921.jpg
1 試験管2本それぞれに一般水と「この水」10ccを入れます。
2 硝酸を1ccずつ入れ、約10パーセントの強い酸性液を作ります。
3 その中に銅粉を適量入れますと、
  一般水はイオン反応を起こし、鮮やかな青色に変化します。
  ところが「この水」の中では何の変化も起きません。

 これで「この水」がイオン反応の起きない水であるというということが理解できると思います。

 このように誰でも出来るごくごく簡単な実験なんですけどね。
銅粉がないからというので銅粉まで送ったんですが、
事実を見ようとしない大学教授には、かなりガッカリしました。

by e-kassei | 2005-06-29 11:33 | やさしい水

医者も教えてくれない糖尿病改善法(続き)

 歯の治療に使うアマルガムは水銀と鉛の合金です。
どちらも身体には悪影響を起こします。

 お医者さんはアマルガム合金の無機水銀と、
水俣病で有名になった有機水銀とじゃぜんぜん違うと仰るんですが、
イオン化して細胞に沈着するということには無関心です。

 野菜や果物に付着している農薬、化学肥料や食品化学添加物も、
量で判断して微量ならば体外に排出されるので影響ない、
という結論を出しますが、イオン化については問題視しません。

 栄養学にしても知らずにいつの間にか変わっています。
何年か前には酸性食品、アルカリ性食品というふうに食品を区分けして、
アルカリ性食品を多く取りましょうなんて言っていましたが、
その後の研究でまったく意味のないことだと分かり、
知らない間に本から消えてしまいました。

by e-kassei | 2005-06-13 12:07 | 健康を考える

医者も教えてくれない糖尿病改善法

 最近は糖尿病の方が増えてきているようですね。
統計では4人に1人が糖尿病だとか。

 糖尿病の怖さは、罹っているのに気が付かないということです。
ちょっと疲れたなと思ってカロリーの高いものを食べたり、甘いもので疲れを取ろうと、改善とは逆のことをして、ますます進行させてしまいます。

 実は私も糖尿病なんです。
4年前はHbA1Cが13もありました。
当然入院してインスリン治療ということでしたが、インターネットで民間治療に理解のある糖尿病認定医を探し、入院せずに治療を始めました。
現在は7.1にまで下がっています。

 私は病院の指示だけではなく独自に改善法を調べ、コントロールしています。
私が得た情報と懇意にしている研究者から教わった方法をもとに、オリジナルの「医者も教えてくれない糖尿病改善法」というのを作りましたので、ご参考にしてください。

 糖尿病など生活習慣病の改善には薬などに頼るだけでなく、同時に以下のことも生活に取り入れていかれるようお勧めいたします。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 お医者さんは歯科医や業界に気兼ねしてかはっきりとは言いませんが、病気になる原因や治癒を遅らせるものが世の中には溢れています。

○あなたは虫歯治療で銀色の詰め物をしてはいませんか。
 その金属に使用されるものの一つに、
 アマルガムと言う水銀を50%も含んだ合金があります。
 保険適用と安いのでまだまだ使用している歯科医が多いのが実状です。
 もし調べてみてアマルガムでしたら他の合金に替えるようにしてください。

 病気を進行させたり回復を遅らせる原因の一つに、
 有害重金属イオンの細胞沈着があります。

 重金属イオンがなぜ身体に悪いかと申しますと、
 遺伝子伝達の情報を狂わせて不完全な細胞、奇形細胞を作ります。
 それが病気という症状となって現れるというわけです。

 みなさんは虫歯治療によって有害重金属である水銀イオンを、
 知らず知らずに取り続けているということになります。


○ 生活から治す糖尿病(生活習慣病)改善法

1 食事療法

  ただ血糖値を下げただけでは健康回復には繋がりません。
  同時に血圧や中性脂肪、総コレステロールなどを正常に保つことが大切です。
  それにはカロリー計算だけでなくもっと踏み込んだ食生活が重要です。

 ・できるだけ肉を食べない。
  肉の脂肪は過酸化脂質という活性酸素を発生させ、細胞を傷つけます。
  また、もともと日本人は農耕民族のため、食物繊維を多く取っていたので、
  腸が欧米人よりも長くなっています。
  ですから欧米人ならばそのまま排出される毒素も、
  腸内に長く留まる分、吸収して体内に取り入れてしまいます。

  そしてカロリーの少ない、いわゆる和食の食生活をしていたので、
  日本人はもともとインスリンの分泌が少ない体質にできています。
  ところが戦後急に肉やパン中心の欧米の食生活に変えたため、
  高カロリー食にインスリンが追いつかず糖尿病になってしまう、
  ということになります。
  もともと欧米人とはインスリンの分泌量が違うということを知っておいて下さい。
 
 ・タンパク質を取るには豆類などの植物性タンパクにする。
 
 ・動物性タンパクを取るならば魚(白身か青魚)が良い。
  魚に含まれるEPAを取ることによって、
  腸内の善玉コレステロールを増やします。

 ・食べるならばビタミンB群を多く含むブタ肉や、低脂肪のトリ肉にする。
 
 ・タンパク質の消化吸収を良くするため肉類は、できれば圧力鍋で調理する。
  冷めると煮汁が固まりますがそれがコラーゲンというタンパク質です。

 ・繊維質の多い野菜を多く取る。
  血糖降下作用があります。
  食物繊維が腸を掃除します。

 ・味噌や漬物、納豆、ヨーグルトなどの発酵食品を食べる。
  腸内の善玉コレステロールのエサになる乳酸菌を増やします。

 ・砂糖の替わりにオリゴ糖を使う。
  カロリーが砂糖の約半分でビフィズス菌という乳酸菌を増やします。

 ・できるだけ夜9時以降は食べないようにしましょう。
  睡眠中に胃腸にストレスがかからなくなります。
  食べてすぐに寝ると血糖値が高いまま寝ていることになります。

 ・よく噛む。
  咀嚼することによって唾液の分泌を促します。
  その唾液に抗菌作用や消化作用があるので、よく噛むことは大切です。
  また噛むことによって満腹感が得られ、食べ過ぎたりしません。

2 運動療法

 ・1日30分くらい歩くようにしましょう。(朝晩2回に分けてもかまいません。)
  足の筋肉を使うことによってインスリンの働きを高めます。

3 睡眠をよく取る。
  睡眠中に免疫細胞が作られます。

4 便通を良くする。
  (1日1回以上。黒っぽい便や沈む便は良くありません。)
  便秘は体内毒素を作ります。

  腸には造血機能があるという説があります。
  千島喜久男博士が昭和20年に発表した学説で、
  最近になって海外の学者に注目されてきています。

  腸をきれいに保つことによって、
  状態の良い赤血球を作り細胞を活性化させます。

5 ストレスをできるだけ作らない。
  自律神経の副交感神経を優位にさせることによって、
  インスリンなどのホルモン分泌機能が正常化します。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 皆さんがこれらのことを参考に健康を得られるよう願っています。

by e-kassei | 2005-06-11 21:37 | 健康を考える

3年保存できるせんべい

今日は市役所の防災安全課に行って私の扱っている品物をPRしてきました。
d0037863_23542990.jpg
3年保存できるせんべいです。
10月に来年度の予算請求案の検討を始めるそうで、
その頃になったらまた来てください、言われました。
興味を示してくれるといいんだけど。。。。

 カンパンとかアルファ米はありますが、センベイというのはユニークでしょう?
4月に発売したばかりで、製造者と弊社しか扱っていません。
アメリカの知的財産所有権を取得していますので、他がマネすることはできません。
もし作ったらアメリカで訴訟を起こせば莫大な損害賠償が請求されます。

塩味で食べても美味しいですよ。
独自のノウハウでできた、酸化を止める塩を使っています。
ですから賞味期限3年のせんべいができるんです。
たいていの非常災害用食は3年で廃棄し入れ替えるので、非常食の条件を満たしています。

by e-kassei | 2005-06-10 23:55 | いつまでも新鮮

生玉子を食べるのは日本だけ?

昨日私が毎月参加している動物栄養学セミナーに行ってきました。
ほとんどが獣医師の方なんですが、ヨメさんの友達が獣医さんで、
その方の紹介でそこに夫婦二人が潜り込んでいます。

セミナーといっても10人程の茶飲み会みたいなもんで、
素人ながら図々しく発言したりしています。

その日は玉子の話題になりまして、
生玉子を食べるのは日本だけ、という話になりました。

外人に生玉子を勧めると「オレを殺す気か。」と言われるそうです。
考えてみたら玉子は鶏の肛門から生み出づるものなので、
殻には雑菌がウヨウヨ付いているハズです。
もっとも日本の玉子は殺菌洗浄してありますので衛生的ですが。

外人には生玉子は勧めないほうがいいみたいですよ。

by e-kassei | 2005-06-09 23:18 | 健康を考える

青梅駅前の映画看板

d0037863_8444212.jpg
青梅駅前の商店街に昔懐かしき映画看板があります。
最近テレビでも取り上げられるようになりましたね。
約20か所くらいのお店の壁とかに取り付けてあるのですが、
しばらくすると新しいのに入れ替わります。

で、撮りあつめた写真が70枚近くになりました。
けっこう楽しめますよ。

http://www.eccoat.co.jp/syashinkan.htm
d0037863_846228.jpg

by e-kassei | 2005-06-05 08:45 | プライベート