<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

農作物の残留農薬基準【オカシイ日本の健康事情8】

 今月29日から農作物の残留農薬基準が厳しくなります。
それはそれでけっこうなことなのですが、世界の基準からするとまだまだゆるい基準なんだそうです。

 ただ輸入野菜についてはどうなんでしょう。
中国からの輸入野菜に残留農薬が多く含まれることには理由があります。

1 日本向けは見た目が良くないと出荷できません。
  葉に一つでも虫食いがあるとはねられてしまうので、
  ついつい農薬の使用量が多くなってしまいます。
2 農家への指導が甘いため適正散布量より多目に撒いてしまう。
3 日本の商社が日本で使用禁止になった農薬を処分せず、
  中国などに回してしまっていること。

  中国野菜が「毒菜」と言われるゆえんです。

<中国産しいたけ>から検出された重金属
砒素2.98PPM 鉛3.69PPM カドミウム1.76PPM 水銀0.32PPM

<中国産ごぼう>
BHC(有機塩素系殺虫剤)0.69PPM 
人間のリンパ球に染色体異常を起こす発がん性物質であり、日本では1971年に使用禁止。
使用禁止になってから日本のメーカーは中国に回してさばいていたようです。

<中国産ねぎ>142t中126t<中国産たまねぎ>150t中116t
これだけの輸入野菜が、検疫で不合格になっているのですが、
実際は青酸ガスと臭化メチルで消毒されて、再び日本国内に入ってきています。

 でもね本当に溜まっているのはそれらを飼料にしている牛やブタ、トリなどの肉なんですがね。
食物連鎖の上位に凝縮蓄積されていく訳ですから。
ということは人間が一番溜め込んでいることに。。。

by e-kassei | 2006-05-28 16:46 | 健康を考える

皮膚病はアレルギーではなく洗剤のせい!?【オカシイ日本の健康事情7】

 経皮毒という言葉を知っていますか?
簡単に言えば有害物質が皮膚から浸入して、様々な毒性症状を起こすことを言います。

 人間の皮膚は細菌の侵略を防ぐために、皮脂膜というガードで守られています。
ところがそれを壊して、本来肌に入るはずのない物質を皮膚内に浸透させてしまうのが「合成界面活性剤」です。
界面活性剤は水と油を馴染ませやすいようにする役目をします。
洗濯洗剤、台所洗剤をはじめシャンプー、リンス、ハミガキ粉、化粧品など殆どに使われています。

 テレビコマーシャルで一滴垂らすと水にパァーッと広がる台所洗剤を見たことあるでしょ?
あれが界面活性剤の役目なんです。

 使用し続けた結果
1 髪の毛が細く茶色くなる。そしてハゲる。
  シャンプーを多く使う人は髪の毛が茶色くて細い。
  これは体質ではなく、合成洗剤の作用によって細胞が死ぬ直前だからです。

2 頭がかゆくなる。
  シャンプーをすると頭がかゆくなるのは、
  化学添加物の作用によって皮膚がタダれてかゆくなるのです。

3 皮膚がタダれ、毛が抜け落ち、肝臓障害が起きる。
  顔がタダれる人はアレルギー体質ではなく経皮毒のせいです。
  抜け毛もホルモンのせいではなく殆どシャンプーによるものです。
  そして人体に有害な成分は肝臓で処理するため、肝臓障害を引き起こします。

  お使いのシャンプー、台所洗剤のラベルを一度ご覧になってみてください。
 たいてい界面活性剤と表示されていますから。

by e-kassei | 2006-05-10 12:17 | 健康を考える

こりゃー、タマとっちゃるぞっ!

 最後に家に入れ里親が決まっているネコ、まだ虚勢手術をしていないんで、一番年下のくせして兄貴分のチビ丸やチビ白にケンカふっかけるんですよ。

 フーッ、ギャァーって言って取っ組み合い、毛を撒き散らしています。
それに困っちまうのがマーキング。
家の柱や机の脚にピッピッと引っ掛け周ります。
いやそのクサいこと。
おまけにもう手術してあるチビ兄弟までが本能を呼び覚まされ、マネするようになってしまいました。

 もうこれは手術しなきゃアカンと、二三日前から動物病院に連絡してヨメさんが捕まえようとしたのですが、どうもやり方がヘタで捕まりません。
で、今日私が休みなので2階の部屋のステレオの裏に追い詰め、捕獲カゴを置いてやっと捕まえました。

 今手術を終えて帰ってきたところです。
カゴから離したら一目散に穴の開いた襖に飛んでいって、押入れに潜り込んでしまいました。

 まあ1時間もすればみんなと仲良くくつろいでいることでしょう。
やっと一安心しました。
 

by e-kassei | 2006-05-05 21:16 | プライベート

玉子は本当にアトピー患者は食べられないのか?【オカシイ日本の健康事情6】

 アトピー性皮膚炎の疾患を持つ方は玉子を食べるとアレルギー症状を起こすので、玉子焼きはもちろんのこと玉子を使った料理は全てダメなようです。
一人だけ別メニューにするわけにもいかず、一家にアトピーがいると家族全部が食べられなくなるので、かなり深刻な問題ですね。

 ところが私の知っている鶏卵生産者はアトピーでも安心して食べられる玉子を作って、全国から注文を受けています。
感謝の手紙もずいぶん届いています。

 また埼玉の生産者は1個90円から150円もする玉子を作っていて、テレビの「どっちの料理ショー」でオムライスの食材に採用されたこともあります。
この生産者に直接聞きに行ったのですが、やはりここの玉子もアトピーの人が食べても大丈夫だと言っていました。

 では市販の玉子とこれらの玉子はどう違うのでしょうか。
このような評価はどこにもないので、私なりに独自に考えてみました。
今は抗生物質を与えることは禁止されているので抗生物質のせいではなさそうです。

● 市販の玉子
○ アトピーでも食べられる玉子

 エサ。
●生産コストをぎりぎりまで削るため、配合飼料は必要最低限の栄養価にしてあります。
 それも動物用で検査が甘いため、農薬や化学肥料たっぷりの雑穀やトウモロコシを使っています。

○実際に生産者が自分で食べて決めているそうです。
 つまり人間用穀類。

 水。
●水道水。

○地下水を使用、それぞれ独自に特殊な水処理をしています。

 飼育環境。
●効率最優先と外部からの感染防止のため、鶏舎は窓が一つもないウインドウレス。
 いちおう換気ファンはありますが、何万羽といる鶏舎の空気は淀んだ状態。
 そして何段も重ねられた狭いケージに、身動きのできない状態で押し込められています。
 フンは4~5日に1回機械で自動的に掻き取っているような状態。
 乾燥していますので、フンは塵状になって空気中に漂います。 
 ニワトリはその中で呼吸し、水やエサを取ることになります。
 ニワトリは玉子を生産するただの機械としか見ていないんですね。
 ニワトリのストレスは考えていません。

○平地飼い、あるいは外部空気がふんだんに入ってくるオープン鶏舎です。
 小規模鶏舎を家族で管理するので衛生状態が良好です。

 これくらいの違いしか思いつかないのですが、まだ他にあるかも知れません。

by e-kassei | 2006-05-01 21:03 | 健康を考える