<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

72階建ての木造ビル


環境問題評論家、船瀬俊介氏の講演の続きです。

島根大学総合理工学部の中尾哲也教授がまとめた論文によると、団地やマンションなどコンクリート集合住宅に住む人と、木造に暮らす人の平均死亡年齢を比較すると、団地・マンション族のほうが、約9年も早死にしていたという結果が出たそうです。
たしかにあの冷え冷えとして空気の澱んだ建物じゃ身体に悪いのは納得できますね。

また静岡大学と東京大学の農学部が合同で、「コンクリート」「金属」「木」の3種類の巣箱を使い、ネズミの赤ちゃんの生存率を調べたそうです。
するとコンクリの巣箱では93%が死んでしまい、生存率はわずか7%だったんですって!
金属巣箱は41%、木製巣箱は85%という結果になり、コンクリと木製では生存率に実に12倍以上の開きが出ました。

木造建築自体、鉄筋コンクリートにくらべて4分の1の価格で寿命は4倍あります。
法隆寺の五重塔を見れば想像できますよね。
また木材の弱点は「火事に弱い」ことですが、木材に無機不燃物質を浸透させると、「燃えない木」になり、熱に弱い鉄骨よりも返って火事に強くなります。

設計では72階建の木造高層ビルが出来ているんですって。
法律を整備さえすれば、環境にやさしい都市の木造ビル化が今すぐにでもできるということなんですが。。。

「日満里桜(ひまりろう)」


by e-kassei | 2007-03-20 14:55 | 環境にやさしい

石油エネルギー問題はすでに解決!

月曜日に「屋上緑化推進セミナー」 http://www.worldforum.jp/green/index.html
に出席しました。
本題は追々書くことにしますが、 環境問題評論家船瀬俊介氏 http://funase.jp-j.com/
の講演はじつに面白かった。

その一つに日本が開発した電気自動車。
ガソリン車をはるかに凌ぐ性能に正直驚いてしまいました。
これでエネルギー問題は解決です。

ただこれを今までマスコミは無視してきたんですよね。
確かにメジャー資本はあわてているでしょう。
これが世界に広まったひにゃ。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「電気自動車イメージ一新――ガソリン車超す高速性能を実現」(7月31日付日経新聞朝刊)。
これは世界最高性能EV(電気自動車)“Eliica(エリーカ)” http://www.eliica.com/
の2008年市販を報じるニュースだ。

d0037863_21534542.jpg


 “Eliica”は周回コースで370km/hを記録した超弩級のEVだ。
「エネルギー総合効率はガソリン車が約7%、燃料電池車が約15%、電気自動車が約27%で、ガソリン車よりも4倍弱効率がよい」「慶応大学は電池メーカーなどと組んでリチウムイオン電池の価格も引き下げ、3年後には3000万円程度で200台程度を販売する計画」と日経新聞は伝えている。

 Eliicaは最高時速400kmを目指して開発され、2004年3月にはイタリア・ナルドの周回コースで世界最高の370kmをマークしている。
昨年秋に放映されたNHKスペシャルでは、エンジン車で世界最高のスポーツカーであるフェラーリと対決。
“Eliica”のスタートダッシュは驚異的で、「フェラーリが止まって見えた・・・」と語り草になっている。
なにしろ時速160kmまで加速するのにわずか約7秒。
フェラーリで9.2秒、その猛加速には、地上のどのガソリン車も付いていけない。

最高速度400km/h 
0-400m加速時間 15.3sec. 
充電時間 電池容量0~70%充電時間 たったの4分
高加速性能挑戦車は 加速時間 11.3secである。

by e-kassei | 2007-03-07 21:54 | 環境にやさしい