<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

本当のπウォーター理論 その三


生体構成水(πウォーター)の特徴

Ⅰ 脱イオン反応

  πウォーター中ではイオンが生成されない。
  またすでにイオン化している場合でも、
  その溶液をπウォーターに切り換えることによって
  脱乖離させることができる。

Ⅱ 高分子有機化合物の生成

  πウォーター中ではエネルギー準位の低い物質が
  エネルギー準位の高い安定した物質に変化する。

Ⅲ 気体膨脹係数の変動

  πウォーターを含む反応系に外からエネルギーが加えられた場合、
  反応系を構成している物質間にエネルギーの分配、移動が起こる。

Ⅳ 生物及び生物圏におけるπウォーターの作用

  生物は個体のみならず成育環境も含めて一つのシステムを作り、
  πウォーターがその基本構成の役割を果たしている。


生体構成水(πウォーター)には3種あります。
細胞は主に外を覆っている細胞膜と中にあるミトコンドリア、そしてその中心にある細胞核で成り立っています。
そのそれぞれに反応する生体構成水があると博士は理論付けました。

1 鉄の状態

  蒸留水               FeⅢ・nH2O 

  生体構成水
        細胞膜反応系      FeⅢFeⅢ・nH2O 
        ミトコンドリア反応系  FeⅡFeⅢ・nH2O  
        細胞核反応系      FeⅡFeⅡ・nH2O

            (FeⅡ・・・二価鉄 FeⅢ・・・三価鉄)

  生体構成水の大部分はミトコンドリア反応系で、
  イオン反応が起こらず化学変化は分子間に限定される。


そして何らかの阻害要因で細胞が酸化方向になると、細胞膜はバクテリアに、ミトコンドリアは糸状菌、そして細胞核はウイルスに変化していきます。
つまり病気になるのは細胞が酸化方向に向かった時に、バクテリアやウイルスが身体の中で増えていくからなのです。
博士は阻害要因を有害重金属イオンの細胞沈着、電磁波、ウイルスなどとしています。

有害重金属イオンは、汚染された大気、農薬や化学添加物の多く含まれた食べ物、飲料水などによって体内に取り込まれます。
また化学洗剤や化粧品などによっても直接皮膚から吸収されます。

これからは私の想像なのですが、過酸化脂質、過酸化水素、一重項酸素などの活性酸素が細胞を傷つけるとの説がありますが、
これらの活性酸素が原因で細胞を酸化させていくのではないかと考えます。
またストレスによっても活性酸素が発生することが知られてきました。

ガンの原因は活性酸素にあるとの研究がありますが、博士の理論によれば、酸化した細胞核がガンウイルスに変化していくからではないでしょうか。

2 反応系

  蒸留水       イオン反応系の水 =電気的な水

  生体構成水   非イオン反応系の水 =磁気的な水


3 エネルギー準位

  蒸留水  低い

  +  -  +  -  +  -  +  -
  ↑   ↓   ↑   ↓   ↑   ↓   ↑   ↓
  -  +  -  +  -  +  -  + 

  生体構成水  高い

  +  +  +  +  +  +  +  +
  ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑
  -  -  -  -  -  -  -  -


4 原子量

  蒸留水       [H24O12」-
             原子量 216

  生体構成水    H26O12
             原子量 218

蒸留水には-の自由電子が付いています。
この自由電子が水を酸化、腐敗の方向に向かわせます。

5 比重

  蒸留水       1
  生体構成水    1.01

6 沸点

  蒸留水       100℃
  生体構成水     95℃

7 氷点

  蒸留水       0℃ 立体的に溶ける

  生体構成水    0℃ ある時点から一気に溶ける
                氷る時はシャーベット状になる 

あとは科学に詳しい方はこれをもとにご自分で解釈してください。

by e-kassei | 2007-09-30 13:35

田中角栄の隠れた遺産

この間の17日、地球緑化推進機構のセミナー、
地球と「いのち」を救うフォーラム
に参加してきたんですけど、休憩中ロビーで事務局長と話をしていたところ、ブラジルから来日したという一人の男性が名刺を差し出しました。

宮脇昭先生の講演を聴きに来られたのですが、日本に来た目的は田中角栄が首相の頃、ブラジルの日系農家に農業振興のため多額の金を当てたそうです。
その甲斐あってブラジルの農業は一大生産地に成長しました。

それを狙って今アメリカと中国がその作物の取り合いを始めているそうです。

その方が言うには、せっかく田中角栄が育ててくれた農産物をアメリカや中国に持っていかれるのは忍びない。
ついては日本に何とか買ってもらいたいと、政府に陳情しにやってきた、ということでした。

日本の農業自給率が40パーセントを切った今、ブラジルからの農産物輸入は貴重です。
日系ブラジル人が丹精込めて作った野菜ならば、中国産よりよっぽど安心でしょうから。

あとは日本政府が田中角栄への拘りをまだ持っているのかが心配ですが、何とか交渉が成立してもらいたいものです。

by e-kassei | 2007-09-23 22:39

πウォーター理論 その二

 πウォーターによる効果は、

○ 硫酸の大やけども30分で治る。
  細胞組織再生獲得作用。

○ 青酸カリも無害に。
  非イオン化の状態ならば反応(+-の電子のやり取り)は起きない。
  したがって毒性は発揮されない。

○ 生体組織を維持できる。
  非イオン化の状態ならば酸化、腐敗もしない。

○ ウイルス感染を阻止できる。
  細菌、ウィルスの住めない環境を作る。
  
○ 異常細胞の増殖を阻止できる。
  ガン細胞は正常細胞が増殖する条件の時に完全に抑制される。
  ガン細胞は薬物などの物質ではなくて情報によって抑圧される。

などとありますが、これらのことを今の医科学界は絶対に認めるわけにはいかないのです。
しかし、すべて事実です。

 私の懇意にしている方は20年ほど前に、北海道大学学部長より、北海道の河川に生息するイトウの生物標本をπウォーターでできないか、との依頼を受け取り組みました。
結果は非常に良好でした。
ホルマリンより、より生きたままに近い状態で保存できるのです。

 この結果を受けて学部長から博士号を取得するようにとの誘いを受けました。
論文作成を指導するし、5人の推薦教授を付けるからということでしたが、研究職ではないからということもあってお断りしたそうです。
今になって、取っておけば良かったと残念がっていますが。

 約40年ほど前の1964年、当時名古屋大学農学部の山下昭治先生は、「花はどうして咲くのか」という研究に取り組み、植物の中の水そのものに鍵があることを究明しました。

 動物や植物、細菌類も含めて、生物は水があることで生命維持活動ができるのですが、生体水には2×10マイナス12乗モルという、ごく微量(水泳プールに耳掻き一杯程度の濃度)の二価三価鉄塩(FeⅡFeⅢCl5)が含まれていて、その二価三価鉄塩が生命情報を細胞に運んでいることを、山下先生は詳細な植物観察の末発見したのです。

 このことを分かりやすく例えますと、カセットやビデオテープは見た目はただのプラスチックテープです。
しかし表面には磁性鉄粉が塗りつけてあります。
その鉄粉にレコーダーを使って情報を与えることで、再生機械がその情報を読み取り、音が聞こえ映像が映し出されるという仕組みです。

 細胞の中にある水、生体水も同じ理屈で、テープが生体水、磁性鉄粉が二価三価鉄塩というふうに考えると、理解できるのではないかと思います。
生体水はただ組織に水を運んでいるだけではなくて、生命を維持する情報を運んでいる役目も持っているのです。

 そして博士は、実験結果を重ねた末、その生体水と一般の水とは分子構造が異なるという説を立てました。
H2Oという水分子は単体では存在しません。
水の分子量は18で、氷点は-100℃、沸点は-80℃となり、常温では気体とならなければならないことになるそうです。
それで実際はクラスターという、H2Oがいくつか結合して水を形成しているとします。
しかしこれも確認できた訳ではありません。

 そこで博士は分子構造を、一般水は12個集まって[ H24O12 ]、生体水はHが2個多い[ H26O12 ]であるとしました。
d0037863_2163142.jpg

d0037863_2175916.jpg

また図に示したように一般水には分子結合の間に-の自由電子(右横)がありますが、生体水にはありません。
この自由電子が酸化方向に導き、腐敗菌を繁殖させ、水や物を腐らせる原因になるのです。

 よく手術の時にメスなどを体内に置き忘れたのを気が付かないで、何年も経ってから取り出したとか、戦争の時に受けた鉄砲の弾がずっと取り出せないままでいるとか聞きますよね。

 生体水は、同時に非イオン化している状態であるともします。
地中に存在する鉄や、ウランなどの放射性物質は何十億年も同じ状態で安定しています。
それが地上に掘り出し酸素に触れた瞬間、酸化反応(イオン反応)を起こし、鉄は赤く錆びてボロボロになり、ウランは放射能を出して人体に悪さをすることになります。

 地球内部は反応を起こさない非イオン化の状態だから安定しているのです。
ですから身体の中も地球内部と同じ状態であると考えれば良いのですね。
ただし胃や腸などの消化吸収器官は、入り口と出口が大気に接触していますので、外部器官と見なします。
したがって大腸菌などさまざまな腸内細菌が住み、内容物の酸化、腐敗が起こります。

 その安定した状態を人工的に作り出すのを可能にしたのがπウォーター理論です。
ちなみに先生は生体水そのものをπウォーターと命名したので、πウォーターはニセモノであるという批判は理論的に間違っています。
πウォーターの命名については、語呂が良いから付けたとの説が一般ですが、先生は「割り切れないもの」という意味でπという字を当てました。

by e-kassei | 2007-09-07 21:10

πウォーターシステムとその理念

 私は山下昭治博士の直筆原稿のコピーを頂いておりますので、ここに公開させて頂きます。
博士の真意を汲み取ってくださいませ。

 特に文中にある、
「また微生物や異常細胞の増殖はこの反応系の成立下でのみ完全に抑制される。」
は感染症やガン治療を示唆しているように思います。

「各事象間の情報制御を通じてエントロピー縮少方向の物質変化が起こっていることを示している。」

 地球上のあらゆる現象はエントロピー拡大の法則で成り立っています。

 お湯は次第に冷めますし、物は劣化して壊れてしまいます。
そして動物はいずれ老いて死んでいきます。

 つまりエントロピー縮小方向に変えるということは、
「農学、食品、医学、薬学等生体に直接関係する分野は勿論、工学、環境、資源、エネルギーの全分野にわたって人類の発展につながる真の学問体系とそれに基ずく調和ある産業技術体系が出来上がる」
ことが可能になるということになります。

  ・・・・・・・・・・・・・・・

πウォーターシステムとその理念(山下昭治博士直筆原稿)

(原文のまま。)

 自然は”花鳥風月”に象徴されるように、それぞれの事象が見事に調和され、何ものの介在も容さないきびしい階律のもとに営まれている。
この調和と階律の基本原理ほもとにしてはじめて自然科学が出来上がるのである。

 然るに自然科学の中心である現代生物学では自然(環境)と生物を切り離し、生物もまた生物種毎にばらばらに切り離し、生物個体はさらに器官、組織、細胞にまでバラバラに切り離しましてしまった。
そのあげくの果てに細胞要素(分子)までもっていったところで分子生物学という袋小路に入り込んでしまった。

 そこでは生命体の本質である構造と機能の高度の秩序性については、もはや手がかりとなる何ものも持ち合わせていない。

 この現代生物学に代表される歪められた現代科学の方向を、本来の自然科学の方向に大きく転換しない限り人類の発展は望めないと断言することができる。

 産業廃棄物の集積、水質汚染、大気汚染、土壌病害等はゆがめられた自然科学と科学技術によってもたらされた目に見える形の落とし子である。
さらに目に見えないより恐ろしい問題はわれわれ自身の認識の問題であろう。
すなわち、物質万能、現代科学万能に馳らされた末、人々の抱く自然観に決定的な欠落を招くことである。

 ここに正しい自然観に基ずく科学と科学技術の確立が急務の課題としてとり上げられなければならない必然性がある。

 生物の存在を支えている原理を追求することを目標に、綿密な研究計画に従って進められた山下の生体システムに関する解析研究の結果、諸々の生命現象は現代科学が明らかにした化学反応系とは全く異なった反応系の下で生起していることが明らかにされた。

 この反応系は超微量の二価三価鉄塩で誘導される水(πウォーター)を中心にして成立し、この中では生体成分である炭水化物、蛋白質等の物質生成や遺伝現象、抗原抗体反応等生体のみがもつ諸現象が認められる。
また微生物や異常細胞の増殖はこの反応系の成立下でのみ完全に抑制される。

 さらに、生体が何らかの障害を受けて生命活動が困難に陥った場合、この反応系の導入によって障害が除去され正常な生命活動が維持される等医学、農学に直接関係をもつ多くの知見が得られている。

 物質変化は究極にはエネルギーの変換としてとらえられるが、πウォーターの存在下では気体分子運動、電量拡散等物質の存在状態そのものに基本的な変化が生ずる。
πウォーターが新たに生物および生物圏に導入された場合には、エネルギー準位の低い物質がエネルギー準位の高い物質の方向に変化し、反応圏内の諸現象の間に相互調和と統一が保たれる。

 これらの諸事実はπウォーターによって引き出される反応系が、エネルギー変換形式において明らかに熱力学弟二法則の及ぶ範囲を越え、
各事象間の情報制御を通じてエントロピー縮少方向の物質変化が起こっていることを示している。

 ここに現代科学が空白部分として残してきた自然現象の基本原理が明らかになり、この時点においてわれわれは自然界の全現象を統一的に理解する自然科学体系化の段階に到達したと考えられる。

 このような統一自然科学の体系化を進めることによって、現代科学に内臓された非論理部分を解消し、農学、食品、医学、薬学等生体に直接関係する分野は勿論、工学、環境、資源、エネルギーの全分野にわたって人類の発展につながる真の学問体系とそれに基ずく調和ある産業技術体系が出来上がるものと考えられる。

by e-kassei | 2007-09-06 20:53

本当のπ(パイ)ウォーター理論その一

 みなさんはπウォーターという言葉を聞いたことはありませんか。
知っている人がいても「ああ、ペットボトルで売っていて身体に良いとかいう水か。」という知識しか持ち合わせていないと思います。

 ところがこのπウォーター理論は今の科学の常識を覆すほどの理論であることを知る人は殆どいません。

 この理論は約40年ほど前に名古屋大学農学部に在籍した山下昭治博士によって提唱されました。
しかしあまりに衝撃的な内容と、周辺がビジネスに結びつけてしまったため、歪曲され、誤解されて広まってしまうことになりました。
そのため博士自身、今世間で知られているπウォーターには一切関わっておりませんと、全否定しております。

 「週刊文春」(1992年4月2日号)において、
 世間ではπ(パイ)ウォーターに関する商品が宣伝され、販売され、それがあたかも私の理論の応用であり、私が技術指導をしているかの如く、私の名前が使われております。
このことは私にとって大変な迷惑であると同時に、世の消費者の方達を惑わすことにならないかと心配しております。
現在、πウォーターという名前のもとに販売されている商品には、私は全く関与しておりません。

 私の理論の実用化には長くて地道な実験と検証の繰り返しが必要であると思います。
検証の結果、効果の再現性の認められる方法や製品ならば喜んで推奨したいと思いますが、私が作ったものでもないし、技術指導したものでもない製品については全く責任は持てません。

 πウォーターに含まれる二価三価鉄塩は、分析できないほど微量でなければなりません。
従って、製品を分析してその品質を検査するということは、一般には容易なことではありません。
ここにも、πウォーターが悪質なコマーシャリズムに乗って行く危険性があるのです。

 以上、πウォーターの生みの親として、現在のπウォーター製品の横行に警鐘を鳴らす次第であります。

 と否定されております。

 ではなぜ医科学界がπウォーターそのものもニセモノであり、エセ科学であると否定しているのでしょうか。
それは周囲の者たちが生半可にかじっただけでビジネスにしてしまったことに加え、博士自身論文を出していないので、学会のまな板にすら乗っていないこと。
したがって研究者も追試する術がないこと。
研究者がいたとしても本来のπウォーターを手にしていない。
したがって正しい実験結果を得ることができない。
博士は学者や研究者には深いものは教えず、ごく僅かの気の許せる人にしか教えていないこと。
その方たちが、教わったことや本物のπウォーターで実際に現場で試行を重ね、独自のノウハウでビジネス化していること、などが一般に正しく伝わらない理由でしょう。
そして何より農学博士の分際で医学分野に入り込んだため、医師会から薬事法違反で告発されたことが最も大きな理由です。

 そのことによりπウォーター理論はエセ科学のレッテルを貼られ、氏自身も、農学奨励賞の受賞を剥奪されるなど、社会的地位を奪われ、現在は社会から隔離した隠遁生活を送られています。

 山下昭治博士編「生命科学の原点と未来」という本が出ています。
一時絶版になっていましたが、最近再出版されました。

 その中では現代科学を真っ向から批判しています。
その一つ。
遺伝子工学ではDNA遺伝子説が定説ですが、これは大腸菌やタバコウイルスをモデルに使っています。
つまり複雑な高等動物には当てはまらない実験結果をもとにした説と言えます。
対して博士は、遺伝子伝達機構は生体水に含まれる二価三価鉄であることを突き止めました。

 大腸菌やタバコウイルスは一般水においてはどんどん増殖していきます。
しかし生体水(πウォーター)に入れますとカスとなって消えてしまいます。
健康な身体の生体水中には細菌やウイルスは生存できないのです。

 現代科学は空気に触れた一般水、死んだ生物の細胞や生体水をもとに実験し、定説を成り立たせています。
ここに大きな間違いが生じているのですが、疑問を唱える科学者は皆無です。
生命科学とは生きた細胞を対象として始めて成立しなければならないのは、シロウトの私でも納得できます。

 次回はまた内容を纏めてからアップします。

by e-kassei | 2007-09-02 19:45 | 健康を考える