<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

荒川決壊160万人被害

 今日の読売新聞に「荒川決壊160万人被害、銀座水深2m…中央防災会議想定」という記事がありました。

 「国の中央防災会議の専門調査会は23日、200年に1度の大雨で荒川が決壊した場合、埼玉県川口市や東京都足立区などを中心に、最悪で約160万人が暮らす地域で浸水被害が出るほか、都内では銀座で約2メートルの浸水が予想されるとの浸水想定をまとめた。」

 地球温暖化が進んで日本も亜熱帯化しつつあります。
降雨量も平成12年の東海豪雨では総雨量598ミリ、時間雨量114ミリを記録しました。
これをもとに東京都はハザードマップを作ったようですが、そんな豪雨でなくても堤防は決壊してしまうのが実情です。

 都内の河川は整備目標を1時間50ミリの降雨量に耐えられるようにとしています。
しかし用地買収などの困難さから整備が終わっているのは6割程度だそうです。

 つまり1時間50ミリ以上の雨で都内のあちこちの堤防が決壊し、水浸しになってしまうのです。
このことはかなり現実味を帯びた数字で、すぐとなりの茨城県では今年7月の台風第4号により、最大1時間降水量が高萩市大能で59mmを観測しています。

 高萩市は日立市のとなりで東京から150kmしか離れていません。
河川の近くに住んでいる人は災害対策を真剣に考えた方が良いようです。

東京都浸水予想区域図

by e-kassei | 2007-10-24 09:21

πウォーターの真の意義

 私は山下先生直筆の論文下書きのコピーを頂いているのでここに掲載いたします。
なお論文はついに世に出ることなく、ごく一部の方たちに教授されたのみであります。


d0037863_91429100.jpg


 回帰道意義

       へんげ    みち
一 万物の変化は回帰の経を得て初めて自在の境地に達する
   (エントロピーの減少)

一 回帰をはからず進むことのみ求める時はその力大なるほど
  自らの破壊を招くことも大である
   (エントロピーの増大)

一 自然の中においては物質変化の始めよりすでに回帰の経を持つものにして
  回帰無き自然の変化は一つとして有り得ない

一 人が回帰の経を知らずただ物質生産のみ追及する限り
  人は自然の大原則の前に自ら裁かれる運命にあることは必定である

一 人が回帰の経をさとり大自然の原則に目ざめたとき、
  自然は人に喜びを以って無限の恵みを与えるであろう

一 回帰道の奥義に達した修験者こそ自然と人の真の結び合わせに貢献しうる
  魁の使者と云うべきである


d0037863_9144963.jpg


d0037863_9163272.jpg


 回帰変換法構図 (説明)

一 生物は本来電子孔回路(マグネチックサークル)の産物である。

二 ここに電子回路(エレクトリックサークル)が起こると、
  説明図でサイクル中心が上に移って頸部を中心とする円で示しているように、
  生物個体を破壊しながら回る回路に変わってしまう。
  (図では脚の部分が切断されるように表してある)

三 電子回路が起きた場合、
  たとえ酸化状態(Ox)や還元状態(Red)にしたところで
  図に表れているように右手が残るか左手が残るかの違いだけであって、
  生体破壊が起こることには変わりはない。
  (今までの生物学、医学ではこのようなレベルでしか考えられなかった)

四 これに対し電子孔の中に電子を閉じ込めて電子回路を完全につぶし、
  生物本来の電子孔回路に変換し”自在”の姿に立ち戻ろうとするのが
  回帰変換法のねらいである。




 このように山下昭治博士は、自然世界の厳然たる摂理と、それを破壊する現代社会への警告を、40年も前に論じていました。
今まさしく博士の予言どおり、地球規模での環境破壊、人類の健康被害がすでに始まっています。
この末期的な症状を取り戻すのは、πウォーター・システムが最も現実的であり有効な方法であると、私は確信しています。

 現実に今中国では来年の北京オリンピック、そして2010年の上海世界博覧会を前に、無計画な経済成長によって汚してしまった国土を何とか改善しようと躍起になっています。
世界中が注目するその時に、赤や緑の色とりどりの河川や湖沼を見られては困るのです。

 私の懇意にしている山下先生のお弟子さんは、その中国の汚染された池をπウォーターシステムで浄化しようとしています。
池といっても中国の場合はスケールが違い、琵琶湖級の規模の池です。

 試験結果は良好で、中国政府のプロジェクトとして採用する方向で話が煮詰まっています。

by e-kassei | 2007-10-23 09:09

πウォーターはガンを抑制する

 前回の Ⅲ 気体膨脹係数の変動

 蒸留水とπウォーターの温度変化による膨張変動のグラフです。

d0037863_13215377.jpg


 3℃から22~3℃までは空気膨張が増え、その後温度が高くなると膨張が減ります。
このことは細胞が生体水によって温度変化に耐えられることを意味するのではないでしょうか。

 胃ガン細胞の増殖域グラフです。

d0037863_13165817.jpg


d0037863_13173383.jpg


 リンパ腺ガン細胞

d0037863_13183647.jpg


 胃正常細胞の増殖域グラフです。

d0037863_13191946.jpg


 胃ガン細胞(2)と正常細胞を合わせたグラフです。

d0037863_1320722.jpg

           ↑

 このグラフで分かるように、正常細胞が増殖する活性域で異常細胞の明らかな増殖抑制が認められます。

 したがって以上の試験結果から、異常細胞の増殖は基本的には生体システムの異常によって引き起こされることは明白であります。

by e-kassei | 2007-10-22 13:28

本当のπウォーター理論 その四


前回、生体構成水(πウォーター)の特徴について書きましたが、
これを分かりやすく解説してみようと思います。

Ⅰ 脱イオン反応

  πウォーター中ではイオンが生成されない。
  またすでにイオン化している場合でも、
  その溶液をπウォーターに切り換えることによって
  脱乖離させることができる。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普通の水は酸化反応を起こし腐敗しますが、
生体水は非イオン化の状態になっています。
ですから手術で体内に忘れたメスや、
戦争で受けた鉄砲の弾が錆びないでいるのです。

この生体水(πウォーター)に動物の組織を入れれば、
同様に酸化、腐敗せずそのままの状態で維持することができます。
山下博士は白ネズミの筋肉組織を、
少し空気を残したままのπウォーターの入ったビンに入れて置く実験をしました。
ところが組織は崩れず微生物の繁殖も起こらず液は透明のまま、
15年以上も最初の状態を保っています。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ⅱ 高分子有機化合物の生成

  πウォーター中ではエネルギー準位の低い物質が
  エネルギー準位の高い安定した物質に変化する。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

動物は食べ物を胃で消化し小腸で吸収して栄養分を摂取します。
それがどうして身体の中で血となり肉になるのでしょうか。
それは摂取したたんぱく質を分解し低分子のアミノ酸にして身体に取り入れ、
再び高分子のたんぱく質にと変化させるからなのです。
その機能を生体水が司っているのです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ⅲ 気体膨脹係数の変動

  πウォーターを含む反応系に外からエネルギーが加えられた場合、
  反応系を構成している物質間にエネルギーの分配、移動が起こる。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空気の入ったを密閉した容器に入れ熱を加えていくと、
蒸留水は温度上昇とともに直線的に空気が膨張しますが、
πウォーターでは空気体積が曲線的に膨張します。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ⅳ 生物及び生物圏におけるπウォーターの作用

  生物は個体のみならず成育環境も含めて一つのシステムを作り、
  πウォーターがその基本構成の役割を果たしている。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1 適応能力の拡大・・・温度や光に対して、適応範囲が広がります。

2 成長促進・・・・・・・・・エネルギーが高まり、成長を促進します。

3 有害イオンの阻止・・水銀や砒素などの有害金属を無毒化します。

4 環境の浄化・・・・・・・汚れた水質、荒れた土壌を改質・改善します。

5 病原菌の阻止・・・・・病原菌やバクテリアの増殖を止め、
                生物の抵抗力をつけます。

6 正常な成長・・・・・・・栄養がかたよらず、奇形が起こらなくなります。

7 再生能力の獲得・・・細胞組織が本来もっている力や能力を引き出し、
                再生機能を促進します。

8 生体機能の増進・・・内臓の運動、消化、吸収といったあらゆる機能が増します。

これらのことで地球に起こったある時代を思い浮かべませんか?
約2億3000万年前から6500万年前までの恐竜時代。
動物どころか植物も巨大な成長をしていた時代です。

私は批判を恐れずにシロウトの独断で考えてみるのですが、
これがπウォーターの世界だったのではないかと。
もしかしたら地球はその当時プラスマイナスのない、
非イオン化の状態だったのではないかと思うのです。
それが6500万年前恐竜が絶滅したのは、
小惑星が地球にぶつかったからだという説が有力ですが、
その時に地軸が動き、自転速度も変わり、
地球はプラスマイナスの酸化還元反応の起こる状態になったのではないでしょうか。
まあかなり乱暴な考えですが。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2 反応系

  蒸留水       イオン反応系の水 =電気的な水

  生体構成水   非イオン反応系の水 =磁気的な水


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば磁石を釘に付けたらその釘も磁石になり、釘を次々とくっ付けていきます。
生体水は生命情報を磁気的に伝達する水ということになります。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by e-kassei | 2007-10-08 13:36