<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

中国製餃子事件がもたらした日本の実態

 昨日、弁当仕出し工場の社長の話を聞く機会がありました。

 その会社は学校給食もやっているのですが、今年度の入札の条件として「中国産を使用しないこと」という項目が追加されているそうです。

 また弁当でも「この食材はどこの国のものですか。」という問い合わせが多くなり、ましてや餃子なんかを弁当に入れたりしたら、それこそ電話がジャンジャン掛かってくるそうですよ。

 そのため仕入れコストは高くなり、商売もやりづらくなったと言ってました。

 現実に中国産締め出しの方向に行っているようです。

by e-kassei | 2008-02-20 21:23 | 健康を考える

糖尿病、やせた高齢者もご注意 茨城県で12万人調査

2月16日の朝日新聞の記事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やせている高齢者は、普通の体形の人より糖尿病になるリスクが高いことが、独協医科大の西連地利己(さいれんちとしみ)助教(公衆衛生学)らの大規模調査でわかった。肥満が糖尿病を招きやすいことは知られているが、「やせ」との関連が浮かんだ研究は珍しい。

中略。

 一般に、日本では欧米と比べてやせた糖尿病患者が多く、こうした人は糖を細胞に取り込むインスリンをつくる能力が欧米人より低いと考えられている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この糖尿病は分泌不全型というものなんですが、今さら研究するまでもなく、このことは前から分かっていたことで、日本人は昔からカロリーの少ない、いわゆる和食の食生活をしていたので、もともとインスリンの分泌が余り必要ない体質にできているのですね。

 江戸時代以前の庶民の生活を描いた史料などには太った人はまずいません。
肖像画などで見るふっくらとした顔の人は大体が貴族や大名です。
毎日美味しいものをたらふく食べていたんでしょう。
おそらく彼ら彼女らは糖尿病になって早死にしていたでしょうね。

 ところが戦後アメリカの食料戦略によって、急に肉やパン中心の欧米の食生活に変えたため、高カロリー食にインスリンが追いつかず糖尿病になる人がどんどん増えてしまうことになりました。
その結果今は4人に1人は糖尿病というデータも出ています。
若年性糖尿病なんてⅠ型以外は私たちの子供の頃にはいませんでしたよ。

 だから企業やマスコミ情報に惑わされず、パンや肉中心の西洋食をやめ、和食に切り替えるべきなんです。
手作りの本当の和食を食べたら、ハンバーガーやコンビニの弁当なんか食べられなくなりますよ。
せめて子供にはちゃんとしたものを食べさせてあげましょうよ。

by e-kassei | 2008-02-16 16:50 | 健康を考える

「ふちゅうテクノフェア」に出展してきました。

 2月8日、府中市民会館で開催された府中市工業技術展「ふちゅうテクノフェア」に出展してきました。
私の会社で取り扱っているテラサイエンスの紹介です。
d0037863_2019506.jpg

d0037863_20305373.jpg

 テラサイエンスといってもほとんどの人は知らないと思います。
それもその筈、これは私たちのグループでネーミングしたものだからです。
これがとんでもないことをやっているグループなんです。

 テラというのは地球を意味します。
つまりこの地球上で生起する本来の現象をありのままに観察していくと、従来の科学では解明できなかった世界が開けてきます。
ごく簡単に説明しますと、そのキーワードは「非イオン化・活性化」。

 地球上に存在するすべてのものは+-の電子のやりとり、イオン反応によって成り立っています。
ですから鉄は赤く錆び、食べ物は腐敗していきます。
これは酸化反応を起こしているからなのですね。

 しかし地球内部や生物の身体の中は非イオン化の状態になっています。
地中の鉄鉱石が何十億年もずっと安定しているのも、身体の中に入った鉄砲の弾が錆びないでいるのも、非イオン化の状態だからです。

 その状態を作り出すのがこのテラサイエンスなんです。
鉄は錆びなくなるし、モノは腐らなくなります。
それどころか酸化、腐敗から発酵、熟成へと方向転換をもしてしまいます。

 そんなことできるの?と思うでしょうが、論より証拠皆さんが知らないだけで、すでにそのノウハウを基に農業、食品加工、環境、医療等、様々な分野で活用されています。

 展示の目的はそのノウハウと指導、資材提供をして自社製品を特化させるお手伝いをしようというものです。
何社かが興味を示して頂き、近いうちにお会いすることになっています。

 今までにテラサイエンスでできたごく一部を紹介します。

 「油の酸化を止めるセラミック」。
油を捨てることなく何度でも使えます。
しかも美味しくなります。

 「3年保存可能の災害備蓄用せんべい」。
製造元は外務省から今年度8,000食の受注がありました。
私の会社も武蔵村山市防災課との話で今年度の予算で納入することになりました。

 愛知県の養鶏業者は「アトピーでも食べられるタマゴ」を生産し全国に販売しています。
多くの方より感謝の礼状を頂いています。

 健康分野では、当然身体の酸化を止めるということも可能になるはずで、応用が待たれます。

 などなどアイデア次第でいろんなことに応用することがができます。
d0037863_202013100.jpg
d0037863_20202937.jpg

by e-kassei | 2008-02-12 20:31