<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

コレステロール低いと危険 富山大など、17万人分析

3月28日の共同通信の記事です。

 「コレステロール低いと危険 富山大など、17万人分析」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 富山大の浜崎智仁教授(脂質栄養学)らは、総コレステロール値があまり低いと死亡の危険がかえって高まるとする研究結果をまとめ、28日、東京都内で記者会見して発表した。

 一般に、総コレステロール値が高いのは良くないことだとして、下げるための治療が広く行われているが、浜崎教授は「総コレステロール値は栄養状態の指標と考えるべきだ。心筋梗塞や家族性高コレステロール血症以外の人は、無理にコレステロール値を下げる治療をしなくてもいいのではないか」と話した。

 日本人延べ約17万人のデータを含む複数の大規模研究を分析した。

 男女とも最も数が多かった血中総コレステロール値(160-199)を基準に死亡の危険を比較したところ、男性は160未満だと死亡の危険が1・6倍高く、200以上では0・8倍程度と、コレステロール値が高いほど危険が低くなるという結果だった。

 女性も160未満は1・4倍と死亡の危険が高かったが、160以上は、240を超えても差はなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 総コレステロールが高いからといって、コレステロール低下剤を飲まなくても大丈夫、むしろ飲んだら寿命を縮めるということです。
しかし私のブログにも書きましたが、病気とされる総コレステロールの境界値はここ30年の間に徐々に下げられ、かつては250~260mg/dl以上だったのが、日本動脈硬化学会は平成元年以降、220以上を境界値、つまり病気としました。(最近は240以上。)
現在、コレステロール低下剤市場のシェアのほとんどはスタチン剤が占め、日本では約3000億円市場と言われています。

読売新聞の医療ルネサンスにも、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 海外で診断基準値が下げられてきた背景に、診断基準を作成する医師と製薬企業の結びつきを指摘する声がある。
基準値を下げるほど患者は増え、薬物療法の対象者も増えるからだ。

 製薬企業の販売戦略をリポートした「怖くて飲めない! 薬を売るために病気はつくられる」(レイ・モイニハンほか著、ヴィレッジブックス刊)によると、2004年に改定された米国のコレステロール診療指針では、指針を作成した委員9人のうち、8人が製薬企業から報酬を得て講演やコンサルティング、研究をしていた。
米国の高血圧の診療指針でも、作成者11人中9人に製薬企業と同様の関係があった。

 フランスの医学誌「プレスクリル」編集委員で医師のクリストフ・コップさんは10月に来日、薬害問題を討議する医薬ビジランスセミナーで「製薬企業の影響は世界保健機関(WHO)にも及んでいる」と述べた。

 コップさんによると、WHOの高血圧診療指針での診断基準値は、心臓病の発症の恐れが高くない人の場合、臨床試験など厳密なデータに基づいたものではない。
指針の作成担当者には、製薬企業との金銭的な関係のある人がいた。

 一般に、基準値の引き下げには、病気の見逃しを少なくする狙いがある。
同時に、多数の健康な人を患者に仕立て、無用な治療や副作用被害を広げる恐れもあるが、そうした視点は置き去りにされがちだ。

 日本でも、診療指針を作成する医師が、製薬企業から講演料や研究費を受け取る例は少なくないとみられる。
中立・公正な指針づくりが求められる。(田中秀一)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 つまり医者の診断を鵜呑みにしてはいけないということです。

by e-kassei | 2008-03-29 13:16 | 健康を考える

森林ボランティア

 22日の土曜日に植林のボランティアに行ってきました。
総勢40名ほどでした。

 今回植林をした山です。
d0037863_18563353.jpg

 植林した木で竹で支柱を立てました。
d0037863_18571128.jpg

 頂上から見た多摩川です。
d0037863_18573420.jpg


 青梅にある里山なんですが、ここらへんも他の山と同じで杉ばかりが植えてあります。
それで自然の生態系にもどして里山を四季折々の変化のある山にしようということで、杉を伐採しその後に広葉樹を植えることになりました。

 今回はコナラを210本手分けして植えました。
このコナラもこの土地にあったものを育てておいたものです。

 そこそこになるのは10年後くらいということで、それまで元気でいましょうと声をかけ合って、みなさん怪我もなく無事終了しました。
その時はドングリ拾いでもしようと思っています。

 中には80歳近い人もいたんですよ。
けっこう急勾配のところだったんですけどね。
90歳になって自分の植えた木を見に来られれば嬉しいですね。

 このボランティア活動は、これからの地球環境を救っていくための壮大な実験なんです。
日本古来の叡智「里山文化」の良さを取り戻すことが、世界の環境を維持するノウハウになるのではないかというプロジェクトです。

 閉鎖生態系の地球では自然と共生し資源を循環させていくことが必須です。
この答えが日本の里山文化なんです。
江戸時代世界最大の人口を持ちながら、最高水準の環境都市となっていたのも、この里山文化があったからなんですね。

by e-kassei | 2008-03-25 18:58 | 環境にやさしい