「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

蘇生会講演会は当日でも入場できるようになりました。

先日館山旅行を兼ねて役員会を開いたのですが、会場は満席になっても50席くらいは補助席が出せるということなので、当日来て頂いても良いことになりました。

やはりスケジュールがなかなか決まらないと思いますし、わざわざ銀行に行って振り込むのも面倒という方もいらっしゃいますので、当日になって「都合がついたから行ってみよう」と思われた方は是非おいでください。

今回の旅行ではサプライズがありました。
たまたま入ったお店が女優の高樹沙耶さんのお店で、鶴見先生とすっかり意気投合し、この講演会に来られるそうです。
入会するとも仰っていました。
写真は髙樹沙耶さんのお店です。
d0037863_18503959.jpg


高樹沙耶さんは2002年のフリーダイビングW杯の総合で銀メダルを受賞したことで一躍有名になりました。
現在は千葉県南房総市で自給自足のエコロジカルな生活を送っています。

木内鶴彦さんは世間にはまだ知られていない重要なことをお話します。
それは自分が発見したスイフト・タットル・キウチ彗星が、116年後に確実に地球に衝突するということです。
これは軌道計算から導き出したもので、世界の天文学者が認めている事実です。

恐竜が絶滅したのは、地球に隕石が落下して粉塵が地球を覆い太陽光が遮られたからという説が有力です。
どうやらユカタン半島にあるクレーターがそうじゃないかとのことですが、その隕石の直径は2キロメートルと推測されます。

しかしスイフト・タットル・キウチ彗星は直径20キロメートル。
比べ物になりません。
たとえ衝突が避けられたとしても、付いてきた宇宙のゴミが地球に降り注いで、どっちみち人類は滅亡します。

またすでにその前に、来年あたりから地球の植物が夜も明るく照らされているためストレスの限界に達し、一斉に枯れ始めるそうです。
植物が枯れれば二酸化炭素を酸素に変えることができなくなるため、地球上に二酸化炭素が充満します。
二酸化炭素は空気より重いので低地に澱み、結果都市規模で多くの死者が出ることになります。
その固まりが毎年加速度的に地球を埋め尽くしていきます。

つまり116年も待たずに、殆どの人間が地球からいなくなるということになります。


再度お知らせします。

第五回蘇生会講演会

日 時   3月21日(日) 会場13:00 開演13:30 閉会17:30

場 所    科学技術館 サイエンスホール  
     
       〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1
        TEL 03-3212-8485 
        アクセス  東京メトロ(東西線 半蔵門線) 都営新宿線  
                「九段下」下車 (2番出口)徒歩7分

               東京メトロ (東西線)          
                「竹橋」 下車 (1b出口)徒歩7分

講 演    第一部 「二度の臨死体験で判った過去と未来」
               彗星探査家 木内鶴彦
        第二部 「縄文時代・未来・あの世」 対論  
               木内鶴彦・鶴見隆史・勝田小百合
        第三部 「最新の医療情報」  
               鶴見クリニック院長 鶴見隆史

入場料    一般 2,500円 会員 2,000円 

定 員    400名(先着順となります)  

懇親パーティ 科学技術館館内 「ザ・スペース」 18:00~20:00 
         会費 5,000円  先着150名

申込方法   蘇生会事務局に電話、FAX、メールにてご連絡ください。   
         申込書をお送りいたします。申込書を返信頂き、代金入金確認後、
         チケットをお送りいたします。
 
         連絡先  (有)なごみコーポレーション内 蘇生会事務局 滝野清
         〒224-0006 横浜市都筑区荏田東4-28-27ーB
         TEL 045-949-1839 FAX 045-949-6753
         E-mail takino@nagomi-co.com

         申し込みの際、なごみホリスティック整復院からと書き加えてください。

by e-kassei | 2010-03-04 18:53 | 健康を考える