「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

関東地区獣医師会大会

d0037863_21085219.jpg

9月13日にパシフィコ横浜で関東地区の獣医師会大会が開催されました。
弊社はブース出展し、鶴見式医療の紹介とペット用サプリメント「アニマル酵母」「アニマルゲン」、それと「プロトンの恵み」の展示をいたしました。
西洋医療一辺倒の獣医さんが多い中、腸内環境を良くする「アニマル酵母」、活性酸素を消す「アニマルゲン」に関心を持たれた獣医さんもおられ、説明を聞いておられました。
神奈川県の横浜市と川崎市の獣医師会長を紹介させて頂きましたので、今後臨床をお願いしようと思っています。
悲惨な状況にあるペット食(敢えて言います。)を何とか改善して、元気で長生きのワンちゃん、ネコちゃんになって欲しいと願っています。

by e-kassei | 2015-09-16 21:10 | 事業

鶴見先生の新刊2冊のご紹介

鶴見先生は、今年に入ってからも既に3冊の本を世に出しています。
今回ご紹介するのは、7月に発売された以下の2冊です。
いよいよと「
鶴見式医療」が世に広まってきていることを実感しています。

「患者と家族のための がんが消える補完代替医療(幻冬舎)

d0037863_13012318.jpg

鶴見先生と、リーガルマーケティング研究財団理事長・薬事法ドットコム特別顧問・林田学氏との共著です。

アメリカでは、3大療法(手術・放射線・抗がん剤)以外の様々ながん治療法をCAM(カム・補完代替医療)と呼び、がん患者がそれらの治療法を選択することにより、死亡率が年々減少してきています。
しかし日本では、相変わらずがんは増え続け、
人に人はがんで亡くなっています。
その理由として、保険診療が標準となっているため、自由診療のCAMは医師自体が殆ど知らず、保険診療の西洋医療しか選択肢がありません。
その理由は既に皆さんお察しの通り、
医療ビジネス”だからです。
しかし、
鶴見先生は、独自の「鶴見式医療」で多くのがん患者を死の淵から救っています。

目次から

第1章 がん死亡率が減少する欧米、増加する日本

    欧米では未病対策が発達し、またCAMが一般に知られているため、がん罹患率も死亡率も減少しています。

第2章 抗がん剤、手術、放射線・・・・三大療法では、もはやがんは治らない

    7月号に記述しましたが、抗がん剤は効果なし、臓器は必要だからあるので手術で摘出してしまったら、何らかの不調が起こるのは当然のこと、放射線治療は大量の活性酸素が出現、また健常細胞までダメージを受けます。

第3章 患者と家族が押さえておくべき補完代替医療の成果

    アメリカではサプリメントを積極的に活用しています(鶴見式サプリメントは世界的に見ても最高水準)。

    治療選択の自由という権利があることを知るべきです。

第4章 欧米型治療に学べば、がん患者は死の淵から救われる

    QOLの改善・向上も必要。

朝だけ断食で9割の不調が消える!学研パブリッシング

d0037863_13052958.jpg

現代の日本人は食べ過ぎで体調を壊していると、鶴見先生は酵素栄養学の視点から警鐘を鳴らしています。


目次から

第1章 「朝食は体にいい」は思い込みだった!

第2章 “朝だけ断食”で、なぜ不調が消えるのか

第3章 酵素をたっぷり摂れば、病気が逃げていく

第4章 腸内環境を整えれば、健康長寿が叶う!

第5章 鶴見式体がよみがえる酵素レシピ


どれも読んだとおりなのですが、第3章の中に「酵素不足は毛髪を見れはわかる」というのがあります。
年齢を重ねていくとだんだん白髪が増えてきますが、これは体内酵素の生産量が少なくなり、大事な機能を優先するため、余り影響のない髪の毛にチロシナーゼという酵素を回さなくなったためだからです。
白髪が増えてきたなと思ったら、これ以上酵素を無駄遣いしないように気をつけた方が良いですね。


by e-kassei | 2015-09-09 14:08 | 健康を考える

ルテイン・フレッシュIがさらにレベルアップ

d0037863_09090048.png
9月より「ルテイン・フレッシュ」の内容成分が変わりました。
しかも価格はそのまま。さらに目に良いサプリメントになりました。

目に不安をお持ちの方が多いのでしょうか、「ルテイン・フレッシュ」の評判が良いようです。
他にもルテインのサプリメントはありますが、他社と違うところは、目に良いとされる成分がいろいろと配合されているところです。
その「ルテイン・フレッシュ
」を、より目に働きやすいよう、以下のように内容成分を変えました。

1 イチョウ葉抽出物60mgの内、イチョウ葉抽出物を30mgにし、その代わりにブルーベリー葉エキスを30mg入れました。

 よく知られているブルーベリーの、実ではなく葉の方です。
 ブルーベリーの実にはアントシアニン(
ポリフェノールの一種)が多く含まれ、目に良いことで知られていますが、
 宮崎大学と宮崎県の共同研究によつて、ブルーベリーの葉は実より
10倍も多くポリフェノールが含まれていることが判ってきました。
 そこで、
品種改良を重ね、より多くのポリフェノールが含まれる品種を作りました。(くにさと35号

2 DHAを5mg増やして34mgとしました。

 しかも、一般のサプリメント用DHAではなく、薬用にも使われる精製された純度の高いDHAを使用しました。
 DHAは黄斑
中心部に作用しますので、より目に働くサプリメントになります。

最近になって、スマートフォンやパソコンから発するブルーライト(青色光)が、目に悪影響を及ぼすことが言われるようになって来ました。
ブルーライトは紫外線に近い光で、エネルギーが強く目の奥にまで入り込み、網膜を損傷する恐れがあるとのことです。

ことに、最近のテレビで、スマートフォンのブルーライトはパソコンよりも数倍強い、との報道がありました。スマートフォンはパソコンのモニターよりも目の近くで操作します。
そうすると目に届く光の強さが全然違います。
近ければ近いほどエネルギーが強い訳です。特に夜は瞳孔も開いていますから、ブルーライトがモロに目に入って来ます。
「ためしてガッテン」でも「黄斑変性症はブルーライトも影響、それを保護するのがルテイン」と取り上げられました。
また「主治医が見つかる診療所」でも、「黄斑変性症にはルテインが有効」とし、黄斑変性症とルテインの関係を取り上げています。
このように、目にはルテインが良いことが、俄かに注目を浴びてきています。

ルテインの特徴

カロテノイドの一種で、抗酸化作用を持つ黄色の天然色素

・身体の中で作れないため、緑黄色野菜などで摂取することが必要
 (しかし、最近の促成栽培の野菜ではルテインを摂るのは難しい。返って有害な硝酸態窒素を取り入れることになる。)

・眼底の黄斑周辺部を守る

・白内障を予防・改善する

・コントラスト感度を改善する

・炎症を抑制する

・美肌効果

ルテイン・フレッシユの他との違い

 ルテインのサプリメントも様々出ていますが、ルテインならどれも同じ、ではありません。
 「ルテイン・フレッシュ
」は他のとは一味も二味も違います。

○人間の眼に存在するものと同じ、発酵過程を経たフリー体ルテイン(大抵は安価な未精製のエステル体ルテイン)

つのパワーをプラス

 ブドウ種子抽出物 ビルベリー抽出物 イチョウ葉抽出物 DHA EPA カシス抽出物 亜麻仁(アマニ)油 
 8シソの実油 そして9ブルーベリー葉エキスをさらに加えました

 DHAは薬用にも使う純度の高いものです。亜麻仁油(フラックスシードオイル)は低温圧搾(コールドプレス)方法により搾り
 薬剤抽出や脱酸脱色、脱臭などの工程を一切しない未精製油特注品を使用しています。

○こだわりの副原料(毎日ご愛用頂くものですので副原料にもこだわっています。

・遺伝子組み換え原材料を使用していない

・香料保存料など、不安な化学添加物を使用していない

・着色料は一切使用していない

・トランス型脂肪酸は含まれていない。


by e-kassei | 2015-09-02 09:09 | 事業